防災グッズ通販店

履歴 TOPへ

 

自治会に関する情報:1ページ目

最終更新日:2018-01-16

商品情報の一覧

430

シンプルな四角い無地黒のバッテリーです。意外と便利な点としては形状に無駄がない点です。丸だと...

8,500

リュック入りシリーズの中で一番の大容量になっています。防災グッズとしても価格がかなり高い分類...

50

【悩みをズバリ!解決します】 防災訓練のバラマキ型参加賞として非常におすすめ。多くの自...

538

【悩みをズバリ!解決します】 「内容量は少なくて役に立たないのでは?」と思われるかもし...
黒袋付き三脚チェア
黒袋付き三脚チェア

322

意外かもしれませんが、一部の人には購入されます。 基本はセット品としての価値が高いから...
防災グッズ グルーミングキット付き救急セット
防災グッズ グルーミングキット付き救急セット

439

各種グルーミンググッズとちょっとしたケガなどに対応可能な絆創膏やワンタッチ包帯などが詰め込ま...
防災グッズ マルチ救急セット
防災グッズ マルチ救急セット

1,404

あらゆるケースを想定した幅広い場面で活躍しそうなグッズを各種取り揃えたマルチ救急防災セットで...


 


 
 


関連情報の一覧

・自治会の防災対策についていつも思うこと
自治会の防災対策販売は、それなりにネット販売では重要な点になっています。この点について書きます。防災対策品として、自治会の対応や販売は、ネット通販業務において非常に重要度が高いものになっています。 これは当然の流れであり、もともと防災グッズなど気にもかけない人が、きにかけるからです。仕事として地域の安全・安心を作り上げることが必要不可欠だからです。 このため、毎年、順番で交代で担当者になったり...
・自治会の防災用品の頼み方
自治会の対策としては、色々な面がありますが、この面を強調すると、対策が多岐になります。当店において流れとしては、法人と個人と自治会が多いです。 自治会では、ある程度のまとまった数の注文がメインとなっていますが、 問題としては、1人のリーダーが展開しているわけではなく、あくまでも、 取次ぎのリーダーが展開しているのが多いです。   ある程度の知識と情報を元に検索して、当店を選んで...
・防災セットで上手な買い方についてアドバイス
防災グッズセットの中には、色々な種類があり、それぞれの特徴があります。 今回はこうした中、どのようなセットでの買い物の仕方がよいのかをアドバイスします   ファミリー向けや赤ちゃん向けは特殊コーナー 防災セットの中で、個人の関心としては、家族向けのファミリーセットや、一部の赤ちゃん用の災害対策品などが目がいきますが、これは非常に狭い防災セット品の見え方であり、流れです。 ...
・ダイソーの100円防災グッズをプロが判断
まず、結論から先に書けば、非常に良い傾向です。 もし、時間があれば、全て100円ショップのダイソーで揃えるのが大正解です。  ただし、これが個人で1人用を目指すなら良いのですが、イベントや自治会の集まりで対応し配布するとなると、「個人・個人でダイソーの100円ショップで買いましょう」では、あまりにも無駄が多いのが現実です。ですから、自然とこうした防災専門店が重要になり...
・手作り防災セットについてのプロアドバイス
手作りの防災グッズを探している方も非常に多いと思いますが、どんな視点で探しているのでしょうか。・安く作りたい・豪華セットに作りたい・自分のお気に入りとして作りたい・みんなでワイワイしながら作りたいなど、人それぞれだと思います。 今回はこうした手作り防災グッズについて、アドバイスします。 (1)まずは非常用持ち出し袋を選ぶ セットの中で、土台となるのが、防災袋単品です。これがあれ...
・最近の労働は安全第一への変化している
電通の過労死からスタートした今の労働問題の形。どこまで行くのか興味深いのですが、この流れの根本原因は簡単です。日本が経済成長できないことです。問題の本質をつかないと、いつまでも手段だけです。特に高度経済成長の仕組みや組織のままでいるところは非常に今回のような過労死になりやすい体質になっています。それで若い人が犠牲になるのは、とってもつらいことでしょう。 そんな中、誰もが疑問に思っているヤ...
・防災グッズにみる売り上げ経過について
防災グッズの中には、ワンパターンの定番品と、初めて登場し、いきなり上位を独占するカテゴリーがあります。防災グッズに見る売り上げ経過についてご説明します。基本は寒くなると売れるが極端な動きになります。 そろそろ欠品が多くなりますが、動きをみていると、売れる商品と全く売れない商品が分かれていると思います。例えば、今商品が欠品で12月下旬でないと入荷しないもと、現在でも3万個の在庫があるもので...
・周年記念品対策で防災用品を。新サービス内容のまとめ
最近、防災対策に会社側が積極的になっていますが、周年記念をメインとして、災害対策品を配る企業様も多くなっています。まとめてみました。当店は珍しい防災販売店であります。通常は大手では、2つの流れがあります。・官公庁への防災用品の納品(数千万円から数億円)・個人へ1個販売する通販業となります。特に大きな部分としては、やはり市町村などの自治体への納品であります。これは消防事業と言い、全国の各市町村の消防...
・3月11日で4年目の節目と今までの流れ
東日本大震災から4年目になりますが、この間の防災グッズの流れについて、販売側からみた現実をお伝えします。もう4年目を迎えますが、当店は防災グッズ店を10年近く運営してますので、この4年間がどのような変化があったのかわかります。 震災については風化していないのですが、販売方法や中身については、この4年で大きく変化しました。その内容について書きます。   震災1年目:あちこちが防災用品...
・母子家庭で災害時に感じたこと
東日本大地震からもう4年を迎えようとしています。そして年末には白馬で大きな地震がありました。   東日本大地震では物流や余震で埼玉県でも生活で不自由するシーンがいくつかありましたが、その時にいつも思ったことがあります。「離婚していてよかった…」と!   普通ですと頼れる旦那がいないという事で、不安になる人も多いと思いますがウチは全く逆でした。金銭感覚に疎く、衣食住共にわがままな点...
・バリアフリーも防災の一つ:洋式トイレへ改善
避難として人が集まるところでのトイレは洋式メインに回収して欲しいと感じます。生活様式からの防災へお供えについてトイレの有り方についての話です。先週ノロウィルスにかかり上からも下からも出る大惨事となりました。 家のトイレで吐いているときに思ったことは「吐くならきれいに掃除された様式トイレだな」と。下からのときも痛感したことは「洋式トイレはずっと座っていられるし飛び散らないから楽だな」と。そのあ...
・ランキング情報を久しぶりに更新しました
サイトの更新をしました。過去の完売した情報などを削除して、新しいアイテムを入れ込ました。これからの方向性について。防災グッズ店として、久しぶりにトップページを更新しました。 過去の売れ筋品として展開した商品を「完売」として展開してたいのですが、単なる邪魔ページになっている感じもありました。 当店としては、まだまだ「使える」ページとして展開していたのですが、 Q「これあるの?」 A「ありませ...
・売れている防災品はどんなタイプなのか?
他ジャンルの商品から、どんなシーンが防災用品やその他の売れ筋品が見えてくるのか。最近の販売実績からみてみます。ヤフーショッピングにて、防災グッズ店や防犯グッズ店、その他懐中電灯店など、商品自体で売れている専門店をピックアップしてみました。 結果としては、色々な売れ方をして勉強になった点などがあり、安全意識の向上について、なかなかユニークであり、ためになる形ができたと思っています。そこで、どんなシ...
・最新の防災グッズとは何?減災対応品について
現在の防災用品の流れは、震災から3年目が経過したように、キーワード「減災」です。むやみにそろえるのではなく、厳選した防災リストになります。震災から3年目があっという間に過ぎ去りました。 このため、現在の最新防災用品関連品は、震災から3年後なので、ある程度の有効な防災リストからの選出はすでに済んでいる状態が多いわけです。このため、基本として防災用品という流れではなく、災害対策品であり、身近に使える...
・防災グッズの種類と活用シーン
いままでのニーズやシーンの経験談としてまとめた防災グッズの種類と活用シーンです。防災グッズの導入の資料としてご活用ください。◆防災グッズの種類について   非常食・保存水と防災グッズ 当店が扱う非常食ですが、おもに製菓メーカーで有名なブランドのブルボンをメーンに取り扱っています。これ以外にも沢山の食品関連企業製品もあります。非常食は口に入れるものなので、基本として、怪しいメーカーと...
・防災グッズの名入れと動向について
防災グッズの名入れや種類、導入に関する今までの傾向のまとめです。ノベルティ展開などでお考えの際にはご活用ください。 防災グッズの名入れについて 防災グッズにつきましては、基本硬い商品が多いので、シルク印刷という専門の方法で名入れが簡単に出来ます。 名入れは、きれいに、しかもはっきりと出ますので、オリジナルグッズ製作は、とても綺麗になっております。 名入れのデータは、ちゃんとしておればな...
・地元の災害対策について
いますんでるところは海だったらしいので水害ですお客様から頂いた防災に関するお話です。   *** ここは転勤できているのですが昔海だったらしく塩を造っていた街です   なので梅雨時期は水害を心配されてました   大きな河があってそこは海につづいているので80年くらい前に一度ここは二階のまで水があがったそうです   けどここは数年前から新...


 


 
 

 
Googleでのサイト内詳細検索

Loading

 

 

 

 

短納期について