防災グッズ通販店

履歴 TOPへ

 

防犯に関する情報:1ページ目


お探しの商品は見つかりましたか?もしなければキーワードを変えて再度チャレンジ。
各画像をクリックすると詳細画像や動画など細かい情報が見れます。

最終更新日:2018-09-19

 

商品情報の一覧

103

【役に立つ情報】 手軽な防災品として配布用として人気 【ココだけの話】 オ...

166

キーホルダータイプのライト付きホイッスルです。ホイッスルは携帯しづらいけどライトは携帯しやす...

120

【この防災グッズの苦労話】 名入れ印刷ができないので大変です 【役に立つ情報】 ...

45

【悩みをズバリ!解決します】 防災訓練のバラマキ型参加賞として非常におすすめ。多くの自...

74

小さいライトとしてキーホルダータイプとして。 ちょっとした防災訓練の手軽な参加としてお...

50

【役に立つ情報】 低コストタイプなので、参加賞タイプに最適 【ココだけの話】 ...
エマージェンシーチョコレート笛
エマージェンシーチョコレート笛

50

実用性の高い防災ホイッスルです。見た目はふざけていると思うかもしれませんが「バッグに付けて携...

150

【悩みをズバリ!解決します】 防災訓練の参加賞としてはいいですよね 【この防災グ...
簡単安全ウェアライト
簡単安全ウェアライト

176

【役に立つ情報】 本体が色指定可能品です 【ココだけの話】 見た目は派手で...
光で見える蛍光バッグ
光で見える蛍光バッグ

253

目立つ事が災害時には認識しやすくなります。 普段は使わないバッグの用途としては、 ...


 


 
 


関連情報の一覧

・防災よりも「防犯」に偏る現実に
防災グッズのランキングになりますが、今までは災害対策としてのランキングの表示画面となっておりました。 これ自体は全く問題ないのですが、多くのメーカーが感じていることで、すでに多くの人に防災用品がすべてで回っているため、今更ながら、防災グッズ・防災グッズと、売り込むのは意味がないという判断があります。 これは災害対策を、いい加減にするという意味ではなく、東日本大震災のような大型の災害から...
・一部の目の付け所が良い企業だけが知っている防犯グッズノウハウ
マーケティングが上手だったり企画力の強いメーカーは防災グッズを5本の指に入る戦略的な販売品として認識している 季節商品以外のカテゴリーとして、防災グッズは戦略的な売り上げ確保が可能は商材として、深く認識して新商品開発を展開している。 防災グッズは販売方法として、メーカーが力を入れて展開しているのは売り上げ確保と、防災グッズの将来性であろう。 だから、防災グッズ自体のカテゴリーは常に進...
・川辺のイルミネーションで防犯対策
川沿いの木をキレイにイルミネーションしてくれていました。   とてもキレイでした。 ただ木に電球を付けているだけでたわいもない出来事なのですが・・・ とても幻想的な空間になっていました。   勿論普段では街頭ぐらいはあるのですが、その川辺を夜歩く人が居てないかと思います。   そんなちょっと辺鄙な殺風景な場所なのですが その電球があるだけでカップ...
・防災、防犯関連のメールが来るシステム
今子供が保育園に行っているのですが登録するだけで地域の犯罪、注意報、警報などメールでお知らせしてくれます^^   とても便利だと思い活用させていただいていますがやっぱり正直まだ大きい災害や事故、事件起きてないのでそのメールで対策できているかと言うとなんとも言えませんが来るってだけで心強いです。   災害、事件はほんまない方がいいに越したことはないので^^いつか本当に...
・沢山のメーカーと付き合う事が大切な件
最近ちょっとした新しいメーカーとお付き合いすることになりました。 そのメーカーとは、実は7年前から付き合いがありましたが、ある商品において、非常に細かい注文を出した結果、取引が一時停止となっておりました。 結果として、東店の売り上げも下がっており、それほど防災グッズの新商品を追加する意味がありませんでしたので、それほど、さらにどうしてもお付き合いする必要性があるかどうかが問題でした。 ...
・冬シーズンは「明るさ確保」が重要な時期です
本当に夏と比べると、日が落ちるのがすごく早いです。 5時ぐらいになると、夕焼けになりますが、あっという間に真っ暗です。 ですから、年末年始から、今の1月末までは、明るさ確保が結構重要です。 このため、安全対策・防犯対策として、懐中電灯などは非常に人気のアイテムとなります。 逆に夏などは、一日中明るいので、ライトの需要はそれほど必要ありません。 結果として、懐中電灯など...
・玄関越しに「不審者」がいたら、まずすべき事 4つのまとめ
犯罪ではなくて「防犯」として対策します まず、最初にこれは「実体験」に元に書いていますので、非常に参考になります。 ネタとして書けるため、あらゆる部分を「警察(お巡りさん)」に聞いて対応したので、 こうした経験をして、ネットで探してこの記事を見つけた方などは非常に参考になるので読んでください。   2018年1月14日夜7時。 この記事...
・まとめ記事にみる言葉の重要性と専門性
ヤフーショッピングのサービスとして、2月12日に「お買い物まとめ記事」というのがスタートしました。 ヤフー店舗の店長のみが出来るまとめ記事であり、リンクなどはヤフーコンテンツのみとなっています。 そうそう、記事を独自に製作してみたのですが、15件ほど独自に書いて、「ああ!なるほど」と思う点があり、何度も・何度も試行錯誤した結果、「この点が意外と重要なんだな」という点がわかりましたので、お伝えし...
・売れている防災品はどんなタイプなのか?
ヤフーショッピングにて、防災グッズ店や防犯グッズ店、その他懐中電灯店など、商品自体で売れている専門店をピックアップしてみました。 結果としては、色々な売れ方をして勉強になった点などがあり、安全意識の向上について、なかなかユニークであり、ためになる形ができたと思っています。そこで、どんなシーンがあるのか書いて見ます。   1:防災ライトの需要が高いのでびっくり 懐中電灯を始めとする...
・カプセルに入った防災グッズがあったらいいなぁ
防災グッズは沢山出ていますがうちは5人家族5人分は一つではないらないし全員分置いておくのは普段の生活でははっきり言って邪魔です     ならば某アニメのようにカプセルにすべてはいっていて投げるとそこからどどど~んと防犯グッズが一人分でるのがあったらいいなって思う   いつもはポケットにいれておくとかランドセルや化粧ポーチにいれておけるしたとえば8歳男子供...
・貴重品・身の回り品は分散しないこと
よく防犯のためにも、通帳と印鑑はばらばらに、 しかもいくつもある場合はさらに分けて保管した方がいいといわれますが、 私は反対です。   人はいつ亡くなるか分からないし、災害で大切な物を持って逃げなくてはいけない時に、 それらがばらばらだと困ると思うんですよね。   携帯と財布などの身の回り品は特に女性なら常にバッグに入れているから それを持ち出せばなんとかなると...
・ゾンビから逃げる注意点
1.不審な人には近寄らない。 2.階段で登って逃げる場合には振り向かずにひたすら逃げる。 もし追い付かれそうだったら、 足元まで敵の頭の高さの時に思いっきりけり落とす。 またはしゃがんで足をすくい上げて落とす。 3.砂漠では圧倒的に不利。隠れたりすることのできる都心部へいく。 TVで面白いことをやっていたので抜粋です。 バイオハザード4の日曜洋画劇場の合間に出てき...