防災グッズ通販店

履歴 TOPへ

一部の目の付け所が良い企業だけが知っている防犯グッズノウハウ

マーケティングが上手だったり企画力の強いメーカーは防災グッズを5本の指に入る戦略的な販売品として認識している

季節商品以外のカテゴリーとして、防災グッズは戦略的な売り上げ確保が可能は商材として、深く認識して新商品開発を展開している。

防災グッズは販売方法として、メーカーが力を入れて展開しているのは売り上げ確保と、防災グッズの将来性であろう。
だから、防災グッズ自体のカテゴリーは常に進化していくし、防災グッズの商材がつねに上位に開発されると思う。

これは日本が地震大国であり、どこかで地震が発生すれば、必ず必要不可欠な防災グッズが売れるからです。
このように防災グッズはメーカーにとって、上位カテゴリーであり、5位に入る重要な商材部分となります。

これは販売側としては有利であり、常に競争にさらされて、商品力が高い商材が常に生み出される関係にあり、 防災グッズの販売店側としては、とても良い流れとなっています。ですので、今後の成長カテゴリーとして十分に投資の対象となるでしょう。
販売品としては常に力を入れて展開してもよいと思っています。

 

災害への対策として防災の必要性を声高に訴えたところで実際に被災された方々による体験談の重みを前にしては、如何ともしがたい感が拭えません。 自分が実際に被災された方の『生の体験談』を聞いたのは以前勤めていた会社での研修中に行った発表会での出来事 関西出身の彼は阪神淡路大震災の体験談を語ってくれました。

「揺れが収まったとき、『まだ生きているのだ』と思った」という彼の言葉には震えが走る思いでした。 私は幸運にもまだ実際の震災に遭遇したことはありませんが、体験された方々の声を聞き、自分なりに受け止めた上で、防災の必要性を言葉と形にして少しでも多くの方に伝えていければと思っています。

2017年4月1日

 

 

 

短納期について