防災グッズ通販店

履歴 TOPへ

銀行の安全対策のダメさ。自分さえ良ければよい発想

銀行さんと仕事をしているのですが、本当に困ります。

1人1人は非常に立派なのですが、組織になると、本当にダメ組織を露呈します。

仕事はしやすいのですが、仕事の効率がダメな感じです。

 

実例としてメールです。

メールやFAXですが、1度でも銀行と仕事をしたことがあるとわかりますが、

・メールは個人メールが禁止

・メールは1度空メールを送ってから本メール

・通信手段はすべて同じでFAXも同じ理屈

となります。

 

わかりますが、これはこれで対策としてはよいのですが、

お前達は小学生か!

と思えるhどの「過保護」体制です。

 

これには、組織を運営してればわかりますが、とっても簡単なことで、リスク管理を名目とした「リスク管理のリスク回避」なんですよね。

つまり、行員1人がミスをすると、頭取まで責任が来るので、絶対にミスしないようにしているという形なのです

その本質はよくわかりますが、ここでいいたいのは、

 

頭取の責任回避のために、使う側の利便性がゼロまたはマイナス

となっている点について、ほぼ無視されていること。

または、そこで働いている行員も、馬鹿らしくて謝っている点なのです。

 

ここでの安全対策は良い事例なんです。

自分達は安全対策をしているつもりで、偉そうなことでも、実際に使う側がそれを容認しているかどうかです。

この点がとっても大事なんですよね。

 

安全対策をしっかりとしたい場合などは、こうした点などをしっかりと認識して対策しなければいけません。

2014年3月12日