防災グッズ通販店

履歴 TOPへ

飲酒運転の撲滅現場にたまたま

先週の事ですが、たまたま自転車で夜10時くらいに帰ったのですが、普段は全く警察などがいない場所で検問していました。事件かと思い興味本位で聞くと、「飲酒運転の検問」でした。確かに忘年会シーズンでゼロではないのですが、今の時期に、飲酒運転なんかする人は本当に少ないわけです。

 

下記は川越市のウエスタという役所の前で、警察が飲酒検問をしていた様子です。

resize_img_5323

resize_img_5326

もちろん、捕まる人などいないのですが、どうして?と思いましたら、こんな記事がありました。

飲酒運転、一晩で240件=全国一斉取り締まり―警察庁 (時事通信) – Yahoo!ニュース

この内容ですと、全国で2日から3日にかけてしたもようで、20人もの逮捕者がいたようです。

 

危険をしっかりと再認識

今回の件を見ると、無駄なことかと思えるほどの部分がありますが、やはりゼロではないのが、一番の重要な部分ではないのでしょうか。

こうした点を見ると、普段からのしっかりとした教育こそが、安全・安心を作り出す仕組みそのものだと思います。

更にいえば、こうした小さなうっかりミスが、災害時には大きなミスになるわけであります。

 

飲酒運転では、過去に大きな人身事故もありました。少し緩む感じの判断ミスが、人の命を奪うわけであり、無駄かと思う取締りも、しっかりすることで、周知して、大きな危険の回避につながるわけです。

2016年12月12日

 

 

 

短納期について