防災グッズ通販店

履歴 TOPへ

最近の労働は安全第一への変化している

電通の過労死からスタートした今の労働問題の形。

どこまで行くのか興味深いのですが、この流れの根本原因は簡単です。日本が経済成長できないことです

問題の本質をつかないと、いつまでも手段だけです。特に高度経済成長の仕組みや組織のままでいるところは非常に今回のような過労死になりやすい体質になっています。それで若い人が犠牲になるのは、とってもつらいことでしょう。

 

そんな中、誰もが疑問に思っているヤマトの宅配便でも問題になっています。

・ヤマト運輸に労基署が是正勧告、元ドライバー「アマゾンを扱うようになって人手不足」 – 弁護士ドットコム

ヤマト運輸が電通のような悪質さはないと思いますが、今回のはアマゾンの物流で過重労働になっているのは、誰の目にも明らかですから、結果論としては間違いがないと言えます。

良くいわれることですが、アマゾンの物量を断った佐川急便などは、やはり今回のような感じでパンクしたわけであり、更には郵便局もアマゾンの取扱を価格に合わなければしないと言われています。

こうした事は利用者も少なからず反省しなければいけないわけです。

今回はこうした労働も安全の視点で見るようなった点からお伝えします。

 

goriyou

社員の安全を対策できる防災用品


防災用品販売で、意外にも災害対策に使うのではなく、意外な使い方がありますよ。

・周年記念品配布用 社員・取引先

・帰宅難民対策

・勤労プレゼント

などあります。

このように社員を大切にしたり、または、従業員対応として、記念品扱いとして展開します。

一見、地震や災害でないと、防災用品関連を使わないと思うのですが、全くの誤解であり、大手から地域の自治会まで、自分達ではなく「仲間」を中心にしたプレゼント品として非常に人気なんです。

ですから、こうした右肩上がりの世間ではない今の時代、防災関連で安全対策と、会社・社員への慰労としての価値が非常に高くなっています

 

使い方によっては、非常に良い方向につながり、労働改善も可能な防災用品。

一見、全く関係ないように見えますが、現場で使った感想の評価は高く、非常にお勧めであります。

2016年11月17日

 

 

 

短納期について