防災グッズ通販店

履歴 TOPへ

防災販売店の気にかけてる点まとめ

普段から、どんな点について気にかけたりしているのか?なかなかまとめができないので、店長のつぶやきからまとめています。

 

ロゴや社名などの名入れプリント防災グッズのレベルをもっとハイレベルに

自治体名や会社名、記念名称などの名前のプリントをする名入れ防災グッズのオリジナル名前入れのレベルの高さをもっとハイレベルまであげていく当店のオリジナルサービスとして名前入れ、つまりオリジナルグッズ製作があります。防災グッズ店では珍しい対策となります

防災グッズで細かいオリジナル対策品として展開できるのは、当店の強みとなっています。これは他店ではできないサービスであり、当店のオリジナルサービスとなっています。このため、これができるノウハウは、他店では展開できないので、もっとサービスレベルを上げていきたいです。このサービスが強まれば、当店の方法は他店では真似できないレベルまでなっているので、お客様にとっても、当店にとってもとても良いレベルまでになります。
このため、こうした点をもっと深く展開できるように、より一層のハイレベルな名前入れ対策をして展開していきたいです。

 

身近に使われるような防災グッズの提案を視野に

近年の傾向から改善策を考えると防災グッズはもっと普段から使われるように努力して販売しなければいけない防災グッズをもっと普段から使えるように手配するのはサイトの役目。普段からアウトドアグッズとしても使うことが可能な良品が沢山あります。

防災グッズのノウハウとして、取り扱うことで、普段の商品の質の高さがわかります。これなら普段から一般的に使用してもいいような感じです。だから、防災グッズのノウハウとして、このような良質な防災品を、もっと普段から使えるように設定するのがサイトの役目です。

防災グッズというと、災害の時しかつかわないように錯覚してしまいますが、これは大きな間違いです。 防災グッズの中で一番売れているのが、ソーラーライトであり、こうした商品の提案ができるようになれば、とても良いと思います。

ですから、防災グッズという名称だと防災の日しか使われないに錯覚してしまいます。ですので、アウトドアにも、普段から使えるよという告知がとても大切だと思っています。こうしておけば、普段から使える防災グッズとなって無駄な経費がなくなります。

 

価格の取り扱いについて防災グッズは高い買い物にならないように

価格の面で考えると防災グッズは高い買い物にならないように、個人通販とは差をしっかりと認識して対策しよう。個人通販店として展開しているのではなく、法人専門店として差別化している。だから、展開が早くしかもしっかりとしている。
個人通販店と法人通販店の差は、ハッキリといえば、価格の差であり、コストの差となります。コストの差とは、大手売りの法人通販と違い、個人通販の場合は、目先の1個販売がメインであり、その時点で大きな売り上げを上げることが大切いなります。

このため、防災グッズの販売ではなく、粗品や記念品感覚で展開しているのが現状なのです。ですから、比較的簡単に説明すれば、販売方法がもっとも違う種類となっているので、こうした点をもっと展開すべきです。お客様としては、こうした業界のノウハウがないため、わからない点かもしれませんが、こうした点をもっと正確に認識して取り組むべきです。

これができないと高い買い物となるだけであり、得策ではありません。 差をしっかりちと知識として認識し、対策ができるようにしましょう。
価格が高いことが、よい防災グッズの条件ではありません。このため、こうした点を改善し、より良い防災グッズ販売を目指していきたいと思っています。

 

国や地方自治体に支持される販売店

本当に備えていただきたい国や地方自治体に支持される強い防災グッズ販売店としての地位。 当店の特徴としては、防災グッズ店としての方法として、個人にも気軽に買えるようにしていますが、それと平行して国や地方自治体からの依頼も広く募集しています。
つまり、当店としてはハイレベルな取引先でも十分に「経費削減」としての購入方法として、ご活用・ご利用して頂ければと思っています。

このように当店では、売り先をちゃんと見極めて、どの分野でも、売り上げが上がるようにする商品開発力と、販売方法をメインにしています。
結果的に、東京消防庁関連や、その他の地方自治体などの消防関連からの依頼が多いです。

実際の問題としては、メインとなる災害対策品としての方法として、とても有意義に展開できていると思っています。クオリティが高い防災グッズの重要より、今の時代は経費削減がメインです。ですから、ちゃんとしたノウハウで展開できるようにすべきです。
これからは地方自治体がメインの販売先となるので、メーカーと協力しながら、展開していきたいと思っています。

2017年3月17日

 

 

 

短納期について