防災グッズ通販店

履歴 TOPへ

防災グッズの名入れと動向について


防災グッズの名入れについて

防災グッズにつきましては、基本硬い商品が多いので、シルク印刷という専門の方法で名入れが簡単に出来ます。

名入れは、きれいに、しかもはっきりと出ますので、オリジナルグッズ製作は、とても綺麗になっております。

名入れのデータは、ちゃんとしておればないといけません。

綺麗に製作するためには、良いデーターをメールにてお送り下さい。

その他わからない点などがありましたら、お問い合わせください。

防災グッズのカテゴリーはいくつかに分類されます。

非常用持ち出し袋とその他の防災グッズとライトの三種類です。

まず、非常用持ち出し袋ですが、基本はワンポイントで、細かい文字ができません。

大きく名入れが多いですが、単価がアップしますのでご注意下さい。

非常用持ち出し袋などは、オリジナルの防災グッズの展開として非常に好まれております。

特に地方の自治会なのはよく使われる傾向があります。

町名の名入れをして、オリジナルの防災対策として展開します。

防災用のライトについてですが、最近はソーラーライトなどのアウトドア系の防災グッズが非常に多いです。

普段から使えるようにするために、展開することが多いです。

名入れは既に、各ページの名入れのサンプル画像を見て頂けば分かると思います。

また、名入れですが、最近のライトの商品は、携帯電話やスマートフォン向けの充電器とセットになったものもが、多くなっております。

こちらは実用性が高いため売れております。

その他の防災グッズの名入れですが、基本はカタログにあるものをすべて掲載していることではないため、

一部の防災グッズしかサイトにありません。

その他、防災グッズつきましては、一部、防災グッズとして、名入れができないものもこちらのほうに、多く展開しております。

名入れができない物につきましては、サイトをご覧ください。

基本名入れができるものに関しては、防災グッズの場合は、平べったいプラッチックになりますので、ご注意下さい。

その他わからない点がありましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

防災グッズの名入れですが、学校や自治会など、通常のお客様からよりも公的なお客様が多いです。

こちらに関しては、お支払いについて、前金が基本となっておりますが、

一部問題なければ、後払いでも対応してる形となっております。

これは名入れすることによって、転売できないため、分かっているためです。

基本は商品到着前に取引です。

防災グッズ発送について納期につきましては、在庫が国内なりますので、在庫を確認し次第、送金お願いします。

全体で二週間ほど頂ければ対応可能です。

一週間の納期などの、短い期間での防災グッズにつきましては、非常に厳しいため、制御させていただいております。

名入れの期間つきましては、見積もりを提出して、データをいただいてからのスタートとなりますので、ご注意下さい。

名入れのサンプルの出荷を、強制的にしております。

これは実際に名入れしたものを、お客様のリスク管理として、お送りすることで、トラブルを回避しております。

サンプル名入れにつきまして、お客様負担となっておりますので、ご注意下さい。

 

 



防災グッズの傾向

基本は寒くなると売れるが極端な動きになります。


そろそろ欠品が多くなりますが、動きをみていると、

売れる商品と全く売れない商品が分かれていると思います。

例えば、今商品が欠品で12月下旬でないと入荷しないもと、現在でも3万個の在庫があるものです。


不思議な事に、イベントなどで使うのなら、今すぐ計画して使うのなら、

在庫の3万個に対して企画すればいいのですが、どうしてか欠品の方へと流れます。

さらに、どの商品を展開してもこうした傾向が強く、不思議でありません。


このため、サイト上に在庫数を書こうと思うのですが、極端すぎて意味がないため書いていません。

一応、売れ筋・死に筋をわけて前後の配置をきにしているのですが、これでも上手くいきません。

また、欠品している防災グッズは「売れ筋」である矛盾があり、これを外すという選択ができないのが現状です。

つまり、在庫が無い商品ですが、それを後半へとまわすと、売れない商品がズラリと並ぶようになるわけです。

これでは意味がないので、こうしたバランスの上に、防災グッズの売れ筋品がメインとなっています。

サイトのページには、あまりにも問い合わせが多いものについては、完売中と明記していますが、それ以外は明記していません。

 

どうしても同じ防災グッズの商品を選ばれる傾向があります。



これもとても不思議であり、同単価のもので良いものなど沢山ありますけど選択しない。

こうした傾向は、何も防災グッズだけに限られた事ではありません。


すべての景品や販促品についても同じ傾向があります。

しかし、当店の販売側としては、数十種類ある中から、

どうしてわざわざ欠品している商品を選択し、

どうして他の商品を比較検討しないのかが

全くわかりません。何のために商品のレパートリーを増やしているのでしょう。

これには見当として「選ぶ能力」が無いのが現状で、

通常なら代替品を探して、その代替品で対策するのが本筋です。

しかし、このような担当者の多くが、代替品を探すのではなく、

決められた商品を1本釣りするだけでしかできないのです。

だからこそ、当店のようなネットショップがあるという理屈があります。



本来なら、機転をきかせて、別の似た商品や、低コストの違うデザインやコンセプト品を選ぶのが筋です。

ですが初めての方には、こうした能力が乏しく、1度選んでしまうと、次のステップへといけないのです。

こうした心理を読むことも当店の役目であり、その心理を読んで売れ筋品を読むのも手です。

 

価格単価のまやかしについてだまされる方が非常に多いです。



表示されている防災グッズの単価は勝手に設定した単価です。

理解してください。

販売していると、どうしても単価で見てしまう場合があります。

1個198円で販売していると、その価格に目がいって、そのままその単価が標準になります。

それ自体はいいのですが、この単価はメーカー側が「勝手」に製作した数字であり、

198円で販売しても298円で販売してもいいわけです。

つまり、単価の数字は、その商品の質をあらわしてるのではなく、単に競争力を誇示しているだけです。

この単純な経済行為を理解していない方が多すぎます。

つまり、198円の商品を100円で販売してもいいのです。

売れば売るほど赤字になりますが、在庫処分という形であればこうした事もあります。

この時に198円の商品が100円の価値に下落したのではなく、単に売る側の意思だけです。

しかし、単に単価の数字しか見ていない人は、100円の商品は100円の価値しかないと思います。

これはダメです。


世の中にバイヤーという職業がありますが、この価格と価値を見極めるのが、バイヤーの仕事なのです。

ですから、すべての人にバイヤーとしての価値を出すことなど無理ですが、商品の価値とは何かを知ってもらいたいです。



企画力の差

決まる確率は昨年の実績があるところは非常に簡単に決まる。

逆に決まらないところは新規の企画が多いように感じる。

防災グッズの商材では特に。

防災グッズを販売していると、見積もりを提出して、決まるところと、全く決まらないところが極端に分かれます。

その差を分析すると、非常に単純なわかれがあります。それが昨年度実績です。

この内容を言ってしまうと難しいのですが、どうしても無理が生じているのでしょう。

この件は、当店に防災グッズを依頼している場合じゃない設定でも同じです。

つまり、この冬に何かしらのイベントで過去に使用した経験があるかどうかです。

経験があれば、何をどのように使用したらいいのかが、わかります。

つまり、ノウハウがあるので、あとは応用をきかせて展開すればいいだけです。


こうした経緯がわかりますので、昨年の実績がある人は、

ポイントを抑えているので、こうした内容を吟味して、はじめから内容を濃くして相談します。

ですから、こちらもより具体的な納期やデータの指示などして対策できるのです。ですから仕事が上手くいきます。



この反対に全く今ままで1度も冬商材を展開していな方は、何がポイントのなのか全くわかりません。

このため、いつまでもグズグズしていて、決まらないのです。

早く言えば、決めるためにしているのではなく、

単に言われた仕事をコツコツとこなし、決まろうが決まらなくても、どちらでもいいのです。

こうした経緯から、昨年度の実績がある方を中心にしています。

 

 

 

 

 

2013年9月12日

 

 

 

短納期について