防災グッズ通販店

履歴 TOPへ

営業時間案内住所
目安

  1. 防災グッズ通販店
  2. 防災グッズ最新おすすめ人気品

 

防災グッズ最新おすすめ人気品:2ページ目


・地方自治体の災害対策の取り組み
最近は直接、市内競争入札以外に直接取引をメインとしているところがあります。 それは災害対策における施策は、地方自治体にとっては、どちらでもいい所から、 必ず揃えなければいけないところへと変化したからです。 また、防災グッズなどは高い所から買えばいいとい考え方はなくなり、 コストパフォーマンスが高い所が選ばれる コスト対策がとても重要な場面となっています。 こうした現状に...
・災害対策をしない場合、どの程度のリスクが発生するのか
災害における対策品としてメインとなるのが防災対策セットですが、実際の問題、 これがないとダメになる可能性は少なく、 ある程度の備えをしておけば問題ないレベルへと進んでいます。 これは東北大震災の影響で、みんなが無関心なレベルへとなるのは不可能であり、 こうした現状において、心の備えもしっかりとしているのです。   そのため、個人的には防災対策品は、ある程度そろ...
・通信手段が生命線
現在、急速にスマートフォンの勢いが増しています。 このため、通信にまつわる流れとして、メール以外にも動画やホームページなどの情報が見れる・見れないの状態になります。 しかし、こうした状況において、どうしても必要なのが電源です。 前回の東北大震災においては、地震と津波の影響において、大きな流れがあり、それは電源喪失です。 この教訓があり、通信手段としての装置や補充がとても大切になっていま...
・災害における現状での防災グッズの対策と企業の取り組み
多くの企業において、防災対策はどちらかと言えば、差し上げるプレゼント対策がメインとなっていましたが、 東北大震災における災害後は、ほぼ社内対策が必須のアイテムとして取り上げられるようになりました。 実例としては、帰宅難民という言葉があるように、社内で防災対策グッズが揃えていないと、 社員のモチベーションが低下する大きな原因になるからです。 災害対策がしっかりしていない企業と思われる...
・地震発生時の行動
地震が起きた時に、まずどうすればいいかの要点マニュアルです。 学校や自治体などでの資料づくりの参考としてください。   1.まず身の安全を確保 丈夫なテーブルや机の下に身を伏せて、揺れが収まるのを待ちます。テーブルなどが近くにない場合は座布団やクッションで頭を守ります。 まずは身の安全を守ることが大切です。   2.火の始末 揺れ...
・USB携帯充電器手動式LEDライトの提案
  こちらの商品は当店でも前に取り扱ったことがあるので こちらと同じになります。 手動式でスマートフォンにも対応出来る優れものです。 ですから、災害時に蓄電して、いつでも好き時にスマートフォンの充電が出来る 究極の災害通信グッズになります。 今回のオススメは色が3点あり、赤・青・黒になります。 ですから、イメージが合うお客様がいれば、これほど喜ばれるスマホ...
・携帯充電ラジオ付ソーラー懐中電灯
中国の工場側から提案がありました。 当店は仲介するだけなので、必要な方は直接お願いします。 仲介手数料は一式5万円になります。 情報提供の有効期限は、2013年4月10日までです。 それ以降は情報は破棄されます。 ・単価:735円 ・最低申込み単位:3000個総額210万円程度 ・FMラジオ ・手巻き発電 ・携帯充電器(希望の4社程度)...
・開店8周年記念。ソーラーライト版代0円スタート
防災グッズ店として、当サイトは8周年を迎えることが出来ました。 謝恩の気持ちを込めて、今回は普段から使える防災グッズとして 人気のソーラーLEDライトキーホルダーを特別価格にて提供します。   【キャンペーンの内容】   名入れ代42円   ・版代0円   のキャンペーンとなります。 &nbs...
・おすすめ商品「カスタマイズランタンライト」
当店が今年から取り扱いを始めた、「カスタマイズランタンライト」についてお話します。 今回おすすめするこちらの商品は2wayタイプのライトとして使うことが可能です。 先端部分に光を灯して懐中電灯に、本体内側の電球に光を灯してその場に置く事でランタン型として使えます。 そして、このライトの最大の特徴は二重構造になっている点です。 内側に好きなデザインの台紙を入れれば簡単にフルカ...
・おすすめ商品「女性のための非常持出セット WS-30」
当店が今年から取り扱いを始めた、「女性のための非常持出セットWS-30」についてお話します。 今回紹介するこちらの商品は女性向けのアイテムが12点揃った非常用持ち出し袋となっていて、デザインもピンクを貴重とした女性向けの物になっています。 同じデザインで、21点のアイテムが揃った商品もございますが、個人的にはこちらの商品をオススメしたいと思っています。 やはり、緊急時に使うことが...
・防災グッズのヘルメット
当店で珍しく防災グッズの中ではあまり市場に出回らないヘルメットを取り扱い開始しました。 アホらしいですよね。そこまでしなければいけないのですかね。   ということで、頭巾なども同時に展開していますので、まぁ、クッション変わりに見てもらう・買ってもらうのが いいかなぁと思います。 ヘルメットになると、どうしても派手ですし、少しハードルが高いですからね。 ...
・おすすめ商品「びっくり!エアーバケツ4.5L」
当店が今年から取り扱いを始めた、「びっくり!エアーバケツ4.5L」についてお話します。 こちらの商品は、普段は薄くて小さな袋ですが、ストローなどを使って空気を吹き込む事で、4.5Lのバケツに早変わりします。 吹き込む空気の目安ですが、大体成人男性の肺活量で、約10回程度空気を吹き込むことで膨らみます。 災害時には水はライフラインとなります。しかし、多くの水を運べるようなバケツやポ...
・電池不要の防災グッズのダイナモとは
ダイナモ発電というものはいわゆる手動発電のことを言います。 東日本大地震の時の停電の影響で電池不要のアイテムはとても重要視されています。 原理は簡単に「発電機」です。 コイル(導線の周り)を磁石が移動することによって電気が春電され、充電されます。 大きな利点としてはダイナモを動かすことができればいつでもどこでも電気が作れるので、 夜や曇天などにはソーラーよりも便利です...
・防災グッズで役立つダイナモの種類・・・一般的なタイプ2種類
ダイナモを使用した電池不要の防災グッズはとても数多くあります。 主なものとしてはLEDライト、ラジオ、ランタン、充電器などがあります。 その中でも発電方法はいくつかありますのでご紹介。   ・ハンドル回転タイプ・・・とてもポピュラーなものです。ハンドルをぐるぐると回します。わかりやすい操作で一般的なのですが、長時間行うと大変疲れます。 そしてライトなどは回転をし...
・電池不要のカテゴリーソーラーとは?
最近話題のソーラー発電タイプの「電池不要アイテム」です。 これらを使用した防災グッズも多数発売されていますが、アクセサリーなどの普段使いにはあまり支障はないと思われますが 防災用品としての利用ではソーラーはお勧めできません。 ソーラーのメリットとしては何もしないで直射日光に当てれば発電をしてくれるのですが 夜間や曇天には一切機能しなくなる大変なデメリットがあることです。 ...
・変わったダイナモ発電の電池不要防災グッズ
電池不要防災グッズのNo1はダイナモ発電ですが、一般的にはハンドルやグリップタイプですがその他にも発電タイプがあります。 2013年に新しく入荷した商品ですが遠心力を利用して簡単に充電をするものが出ました。 簡単発電スイングダイナモライト1029円(税込) その他に当店では取り扱いはまだないですが、発電様式としてか「足踏みタイプ」「紐を引っ張るタイプ」「風力を使用したタイプ」...
・防災グッズの在庫は今は豊富
震災3年目を迎える2月。 防災グッズの需要が多くなるであろうと気合を入れて在庫していますが、 売れないので、現在の在庫は豊富にあります。   たぶん、大口が全く決まらないのでしょう。 この大口とは、1回のご注文で1万個以上の案件です。 年間で数回あります。 民間企業よりも地方自治体が多いです。   大口の需要がなくなるので、...
・ダイナモとソーラーどっちが良い?
ライトやラジオ、携帯充電器や簿日バッテリーでとてもよくある「ダイナモ」とソーラー」の防災用としての考え方です。 簡潔に説明しますとダイナモタイプをお勧めします。 ソーラーの場合は充電に直射日光を使用しますが、太陽光が無いときには一切機能しません。 電池不要の防災アイテムであるラジオ、ライト、充電器などを急に必要となるときは 「直射日光で4時間以上その危機を充電した準備ができ...
・「防水」アイテムの間違った解釈の仕方
「防水に関する解釈で」よくある間違いをリストアップします 防水と防滴は違います・・・防水は水没可能です。防滴は水没は不可。キッチンやお風呂、プールなどで水しぶきがかかってもふき取れば大丈夫といったものです。 防水は水だけです・・・防水というので大丈夫といってプールや温泉、入浴剤の入ったお風呂、塩分の強い海などはパッキン部分が化学変化による腐食で浸水することがあります。水以外のものには耐...
・防水性の高ければ高いほど良い?
防水関連アイテムとしてのIPXn規格の表記ですが、防水性能が高ければ高いほど良いというものではありません。 たとえば、そんなに濡れないものに等級が高いものをつければよいというものではありません。 大は小を兼ねるといった発想では良い商品を選ぶことはできません。 等級が高いからと言って必要のないほどの防水等級のものを選ぶと見た目が無粋であったり、価格が高すぎたりすることもあります。 ...
・防水規格IPXn一覧
「この商品はIPX7の防水機能です」といった商品については前述しました。 等級についての一覧表はこちらですので、参考にしてください。 保護等級…種類、概要(表記例IEC規格、JIS・IEC混成表記) 8…水中形、継続的に水没しても内部に浸水しない(IPX8、JISIPX8) 7…防浸形、一時的(30分)に一定水深(1m)の条件に水没しても内部に浸水しない(IPX7、JISIPX7) ...
・IPX7適合品とは
よく防水に関する指標として利用される表記のなかで「IPX7適合品」というものがあります。 こちらは一般的な防水に対する指標のことを意味しています。 IPは防水、防塵に関する企画規模号 Xは防塵の企画を行っていません。 そのあとの数値は0~8までの投球で0が最低ランク、8が計測規格内での最高ランクという事です。 防災グッズなどでもある「防水IPX7」と記載された商品がいくつかありま...
・2013年度の新春カタログが登場
防災グッズ関連としては、春号が新刊されました。 当店ではこのカタログを無料で配布しています。もちろん送料無料です。   カタログの中身は全て防災グッズではありませんが、災害に役に立つ 商品が沢山ピックアップされていますのでオススメです。   当店としては、春号は夏号との合併号な部分が多いので、 ぜひ、インターネット以外でも防災グッズをえ...
・2013年度の新商品を見て感想
新商品を入れ込みしてみましたが、あまりパッとした感じがありません。 これは従来の商品の延長上であり、その程度の防災関連品だからです。 こうした事を考えると、まだまだ防災用品はこれからの感じもします。 震災からすでに3年目近くになりますので、ある程度、出揃った感じもあるのです。 こうした流れから、当店では従来型の定番品がメインになります。 これで売上げ確保を目指します。...
・防災グッズの2013年春カタログが入荷しました
春号が無料で送付可能になっています。 皆様の期待の防災グッズの春カタログができました。総合版なので一部になりますが一押しです   当店では昔からカタログ依頼をうけており、また、当店では 防災関連の情報が掲載されているものの総合カタログを無料でお送りしています。 これはサイトでは全て掲載していますが、やはり紙ベースで見た方がもっと良いかと 思いますので、...
・新商品のご紹介:防水ケースタイプの備えて安心防水災害セット
大切な手帳や書類を守る防水ケースタイプ。IPX7適合品であり水に浸しても影響がないレベルです。 災害の防水レベルとして、大切な資産の通帳などを入れてもほとんど濡れないレベル。 IPX7タイプで、JIS規格で定められた防水性能を現す指針の中、8段階中7段階のレベルとして認定されました。 ケースの大きさは約17×12×4センチです。 この中に大切な書類を入れてください。 ケー...
・新商品のご紹介:カラビナ付スマートマイボトル
これからの季節にはピッタリのアウトドアにも使える防災グッズ関連グッズ。冷たいドリンクを大量に持ち運び可能 本体の柄は4柄あります。 オレンジ・ブルー・グリーン・レッドです。色の指定は出来ません。 容量は600mlありますので、通常の小さいボトルより大目に入れることが可能です。 ベルトやバッグなどに簡単につけられるようにカラビナが標準装備。 本体の大きさは約8×18センチです。...
・新しい発送のカラフルでちょっとした可愛い災害対策としての2通りのリュックトートの新商品
とてもカラフルでちょっとした可愛い災害対策としての2通りのリュックトートの新商品 とてもPOPでカラフルなバッグです。災害に役に立つというのは無理な感じがしますが、普段から整理整頓しておく社内用の帰宅難民用にぜひどうぞ。 普段はトーとバッグとしても使えるし、いざとなったらしっかりとしたリュックにもなります。 普段から非常用持ち出し袋のようなタイプでは、あまり応用性がありませんが、こちらの商品...
・レスキューライト系の新商品について思うことについて
レスキューライトの新商品について思うことについて レスキューライトは沢山ありますが、こちらのタイプは価格が398円税抜きとなっていおり、非常に安いタイプです。 お車のトラブルや防災時の時の必需品として、5機能があるライトです。 まずは懐中電灯としてのライト。 次は赤色点滅灯です。これなら意外とハッキリと災害だとわかりますのでいいです。 次はシートベストカッターやガラスハンマーなど力仕事が...
・ダイナモラジオライト系の新商品について思うこと。これは防災グッズとしていいよ
ダイナモラジオライトの新商品について思うこと。これは防災グッズとしていいよ FMラジオがついてしかも手動式のタイプの蓄電が可能なタイプ。電池がなくなっても大丈夫設計がいいですね。 ライトとFMラジオがついたものです。 手動式タイプで乾電池がなくても動く。ラジオという情報ツールとして活躍するライトとライトがあれば、たいていの災害には即時対策が出来ます。 特に手動式である点は、乾電池が電力不足...
・新商品のカスタマイズランタンライトについて思うこと
新商品のカスタマイズランタンライトについて思うこと ランタンライト型タイプは沢山ありますので、目立った感じはしませんが、オリジナルの台紙を入れて災害対策が出来るのがいいです。 商品は小さい時には約11センチあります。 コンパクトになるので普段は置いておきましょう。 大きくなると、8センチの筒に最大18センチの長さになります。 電池は単三3本が必要になります。 懐中電灯にもなり、ラン...
・難燃加工のアルミコート素材のカスタマイズリュックについて思うこと
難燃加工素材を使用したのアルミコートのカスタマイズリュックについて思うこと 今回の商品を見てみると、しっかりとした肩への装着が可能です。今までは紐であったのでこれは便利で商品としていいです。 容量は40×29×13センチあり、それなりの容量が入ります。 このため災害時における装備品を多く入れる事が可能なので、とてもよいと思います。 また普段から使う事はないと思いますので、使わない場合はコン...
・防災グッズ=懐中電灯ではないのだけれども、そうなる実態の考察
販売や問い合わせなど実際に販売をして感じた防災グッズでなぜ懐中電灯が1位になってしまうのかの理由 防災グッズのランキングで1位が懐中電灯のソーラーライトになっているけど、他の商品もライト関連が多いのはどうしてか。 それは普段から使える防災グッズとしての価値があり、災害がなくても手軽につかるからだ。 特に秋から冬にかけての寒い時期は、夜が早めの暗い時期なので、懐中電灯の流れがある。 ...
・高ければ高いほど良いわけではない防災グッズ。価格相応の価値の是非。
沢山の防災グッズを扱っていてわかることですが高額な防災グッズは果たして価格相応の価値があるのだろうか 高額な防災グッズが存在するが、どの程度の価値があるのであろうか?基本は定価販売なのでそれ相応でしかない。 1万円以上するような高額な防災グッが存在するが、はたしてそれだけの価値があるのであろうか? 答えとしては、価格が特価ではなく、定価の販売価格で展開しているので、答えとしてはお金が...
・防災グッズの現在の在庫についての確認方法
よく聞かれることなのですが防災グッズの在庫は常にあるのか?どのようにして確認していけばいいいのか? 防災グッズの在庫は常に変動しています。このため在庫の確認はリアルタイムになりますが、トップページをご覧下さい。 基本はトップページにあるものは、在庫がある状態で販売可能となっているものをメインとしています。 また、トップページは売れ筋品をメインにしていますし、最新の防災グッズをご紹介し...
・東日本大地震による津波被害、津波災害で変わった防災グッズ
実際に大きく変化があった東北の津波震災で、防災グッズの中でどのような変化があったのか 東北での津波震災での被害で、大きな変化があったとすれば、それは水不足を補うのと、電力の不足を補う2パターンがあります。 非常用持ち出し袋セットの中で、新たに新商品として展開されたのが、水不足関連でした。 セットの中にポリタンクタイプの水容器をセットにしているのが多くなりました。 また、それから...

 
 

▲まだまだあるから見てネ