防災グッズ通販店

履歴 TOPへ

南海トラフ地震の警戒について

東大教授である村井さんの発言です。

村井さんは、測量学の権威であり、そのデータをみて、前回の地震である伊予地震を的中させた経緯がある。

そのデータを読み解くと、南海地震について、3ヶ月以内に警告が必要だと結論をだした。

東海地方における連続したひずみで、南海トラフが動けば、連動して大きな津波被害も考えれらる。

こうした経緯から、神戸震災にも匹敵するような形で、南海トラフ地震&津波の心配をしなければいけない。

 

全体的に東北震災での津波被害が大きい日本においては、海側における津波などは、しっかりと対策している。

震度6以上や、マグネチュードM7クラスになれば、高い津波が起きて、人的被害が大きくなることが予想される。

 

実際、その他の被害など見なくてはいけないが、現状の3ヶ月間とすれば、5月のGW当たりなどがあり、行楽シージンでの災害などがあれば、大被害になる可能性すらあります。こうした点において、震災における被害などを見てみると、しっかりとした対策が必要不可欠なのですが、現状は4月など見てみないとわからない点がありますね。

 

南海トラフ地震はまだ1度も経験していない分。大変さがあります。

伊予灘地震的中させた学者が3か月以内の南海トラフ地震予測|NEWSポストセブン

http://www.news-postseven.com/archives/20140321_247049.html

 

南海トラフ地震対策の死角 時間差発生で混乱も  :日本経済新聞

http://www.nikkei.com/article/DGXNASGG05024_V00C14A3000000/

 

こうした情報があちこちから聞こえてくるのは、それなりの情報となっています。原発の問題もありました東北震災。類似しなければよいと思います。

2014年3月21日

 

 

 

短納期について