防災グッズ通販店

履歴 TOPへ

4年目を迎えて-震災と防災販売店

20150311

今日で4年目の震災の日です。東北沿岸部では黙祷などが行われました。

今の季節ですから、当時の3月11日は寒かったですし、また、この日から始まった計画停電もあり、寒いという印象しかないでしょう。

ただし、こうした実体験は、関東と東北のみで、それ以外の地域ではあまり実感がないのが現状だと思います。

 

地震の影響と比例して、今では非常に冷静に分析できる津波。

津波の威力を軽視していた点はあり、やっぱりこうした総合的な防災体制が必要不可欠であった点はいなめません。

 

さらに、震災から生活レベルへと進む段階での、政治活動における公務員の対応と遅さとまずさは、今回の震災で「人災」と言われる部分になっています。

しかし、その人災レベルも、すでに4年目になっているわけであり、検証ができていない部分としては、日本人的な資質が原因である点もあるように感じます

それが今回の4年目で思う点であります。

 

非常に残念な結果になっており、災害対策や予防対策も結果的には見せかけであり、防災対策がしっかりとしていない部分が、4年間も続いていると思います。特に大型の災害になればなるほど、日本人的には無理が出てきているように思えるわけです。それがあまりにもよくないと思います。

 

防災関連品としては、当店では簡易なタイプしか販売していないので、結果的にあまり役に立っていないのですが、予算が限られている防災予算では大いに貢献していると思います。だからこそ、逆にいえば、大型タイプはしっかりと予算もデカイわけですから、ちゃんと結果責任を取るべきであります。

 

しかし、この結果責任において、公務員レベルでは非常にミスマッチがあり、体質的にどう責任を回避するのか?という点があり、無責任対応がメインとなっていしまっています

これが結果として、未だに4年目でもしっかりとした対策ができない雰囲気を出しているのでしょう。

2015年3月11日

 

 

 

短納期について