防災グッズ通販店

TOP>防災グッズランキング

防災グッズのランキング

今一番注目を集めている防災グッズをランキングで掲載。リアルタイムなのでみんなが欲しい防災グッズや必要性が分かるので、何が必要と思われているかがわかります。

 

4位
5位
6位
7位
8位
9位
10位
11位
12位
13位
14位
15位
16位
17位
18位
19位
20位
21位
22位
23位
24位
25位
26位
27位
28位
29位
30位


 


 

ダイソーの100円防災グッズをプロが判断

まず、結論から先に書けば、

非常に良い傾向です。

 

もし、

時間があれば、

全て100円ショップのダイソーで

揃えるのが大正解です

 

 

ただし、

これが個人で1人用を

目指すなら良いのですが、

イベントや自治会の集まりで

対応し配布するとなると、

個人・個人でダイソーの100円ショップで買いましょう

では、

あまりにも無駄が多いのが現実です。

ですから、

自然とこうした

防災専門店が重要になります。

 

 

takumi2

100均ショップで揃えてしまおう


 ダイソーや100円均一ショップ、

無印商品など、

あちこちで揃えるのは、

全く問題ありません。

 

例えば、9月1日の防災の日に、

100円ショップに行って

買い物などをするという流れは、

非常に良い傾向だと思うので、

まずは実践してみましょう。

 

そこで揃わない大口などは、

当店で「買い足し」して、

対応するのが賢い購入方法です。

 

 

もちろん、

「面倒だ」

「行って買い物するコストのほうが高くなるから防災セットを購入」

という流れも普通ですので、

こうした事も配慮の上、

100円均一ショップを

見比べながら対応するのが

いいでしょう。

 

 

 

qa1

ダイソーの防災用品は大丈夫なの?の件


 よくある勘違いとして、

100円の防災用品なんて、

全く意味がないよ!

という人がいますが、

大きな間違いです

 

 

ダイソーレベルになると、

1種類何十万個生産しています。

だから

100円程度になるコストでも

販売できるわけです。

 

これを当店のような

小さい会社がすると、

1個500円くらいになるわけです。

つまり、

スケールメリットを生かして

生産しているから、

機能や性能については

全く問題ないし、

安全であるのは当然です。

 


 

安全対策にお金をかけて対応する時代

最近、よく言われているのが

高齢者の交通事故による

社会的責任です。

 

悲惨な事故であり、

また、高齢者が小学校の列に追突したり、

病院で30代の人をひき殺したりして、

大きな問題になっています。

 

 

これは一部の高齢者の問題ではなく、

社会問題として仕組みそのものを変える必要

があると感じます。

 

この方向は仕組みで、

しっかりと「予防」すれば、

対策ができるわけです。

 

 

今回は、そんな話題の中で

注目された記事がありましたのでご紹介します。

高速道路逆走! 対策技術をNEXCO 3社が公募 

レスポンス(Response.jp)

 

こちらの記事ですが、よく話になる

高速道路の逆走

についての対応策です。

 

高速道路に入る部分に、

侵入禁止のためのポールが設置されていますが、

そもそも、

それでも数万回・数十万回に

1回発生しているわけであり、

対策をするのにも限界があります。

そこで、対策技術を公募した形です。

 

これはとっての良いことであり、

減災」という防災の関連でも言われており、

災害を出さないように常日頃から対策して

事故・事件が起きないように

するためのものです。

 

ですから、こうした公募は、

いっけん意味が少ないと感じます、

全く逆で効果が目に見えないくらい

重要だと思います。

 

 

security

関東でも明日から雪模様。注意して対策を


11月末近くになると、

富士山もうっすらと雪化粧して、

また外では紅葉の季節ですが、

とうとう例年と比較して、

関東にも

今年初の雪が降るみたいです。

 

関東首都圏は、

ちょっとの雪で交通機関が

麻痺しますので、

全くこうした

自然災害に対してだめであり

もし、

大型の関東大震災クラスがあれば、

この何千倍の被害があるわけであり、

たった雪程度で対応できないのでは

だめな感じだと思います。

 

 

防災グッズランキング情報の中には、

雪対策は数点しかなく、

ほぼ日常で使うものが多いです。

また、

季節はそれほど関係がないかもしれませんが、

スマホ手袋などもあり、

寒さ対策とスマホグッズ関連として、

少なからずおすすめ品となっています。

 

 

さて、2016年の関東の初雪は、

11月では50年ぶりくらい早いそうです。

23日夜から積雪も=関東甲信は注意―気象庁

(時事通信) - Yahoo!ニュース

 

ちなみに、関東の雪は、

なんとクリスマス前後が

多いのは知っていますか?

 

下記のようになっています。

2015年: 12月14日

2014年:12月20日

2013年:1月14日

2012年:1月20日

2011年:12月30日

2010年:1月20日

となっています。

 

初雪の判定は難しいですが、

こんな感じなんです。

今年は例年になく

雪対策が重要になりますね。

 


 

東日本大震災の恐怖から学ぶ地震

11月22日の朝6時

 

ガタガタタタ!っと埼玉でも揺れが

体感できました。

 

ちょっと大きい感じでしたが、

すぐに揺れななくなり、

たした事がないと安心したのですが、

スマホアプリの「ゆれくるコール」を見ると、

福島沖の地震で更にビックリしました。

震度も6とかなり大きい印象です。

 

1123

 

今回、通常は携帯電話に通知が来るのですが、

今回は全くなく、

このマグネチュードのクラスでは驚きましたね。

 

 

さて、今回、ある意味では

実践訓練とも言える現状であり、

課題も見てきました。

 

道路が車で渋滞 スムーズな避難に課題 

NHKニュース

 

車で避難する人が、

幹線道路である鹿島街道にあふれ、

ほとんど動かない大渋滞になり、

津波の避難ができなく

危機管理の課題となった事例として、

津波避難について、

大いに参考になった情報です。

 

また、レポートには石巻市では、

放置自動車が殺到する自家用車の車と重なり、

渋滞の原因を作っていたのは、

これからの課題と言えます。

 

 

qa1

備えておきたい防災リスト


 災害対策の肝は

備えあれば憂い無し

であります。

 

このため、

今回の教訓は実際の訓練としてみれば、

大きな収穫と言えます。

 

津波は最大でも3m程度であり、

今回の地震によって

被害はありませんでしたが、

実際に外に出てみて、

あれもない」「これもない

となっているでしょう。

 

 

こうした時に役に立つのが

防災リスト

であります。

 

 

防災リストとは、日頃から災害対策に役に立つ商品の一覧であり、すぐ見た時に備える商品がわかるものです

 

防災グッズのランキングコーナーには、

こうした意味で、

非常に常日頃から役に立つ商品が

沢山あります。

 

1位から10位までは、

ぜひ、防災リストの中に入れておき、

なおかつ、

みんなが選んだ人気の商品が

多数あります。

 

この中から選ぶだけで、

普段、必要な防災用品・災害対策品が、

しっかりと揃える事が

可能となります。

ぜひ、ご覧下さい。