防災グッズ通販店

TOP>その他の防災関連グッズ

防災グッズリスト一覧

防災に備えるのなら、本当に揃えておきたい防災リスト一覧。最低限チェックリストにあるものはプラスにして防災セットの中へ。会社では避難対策として活用。家族なら赤ちゃん・子供・女性向け対策として準備。普段はアウトドアにも役に立つその他関連の防災グッズ・防災用品として活用。災害や地震対策の時に役に立つおすすめの関連品や、セキュリティグッズの関連品。最近はスマホグッズも関連として注目です。 もちろんオリジナルの簡単な名前入れの可能です。楽天やアマゾンでは取扱がない防災グッズが多数。100円均ショップで揃わないものばかりです。

その他防災グッズ一覧

その他防災グッズ一覧

その他、防災関連品一覧。役に立つその他防災グッズ最新情報です。災害対策以外にも役に立ち関連品。防災リストの中にチェック。沢山の関連品がありますので、ぜひご覧下さい。

1位
充実多機能ツール搭載ライト
充実多機能ツール搭載ライト

1,059

車の中に携帯しておいて便利なアイテムのセットです。防災用としてだけではなく、普段使いで便利な...
2位
たっぷり入る実用リュック
たっぷり入る実用リュック

1,707

大容量でしっかり荷物を収納することができるリュックサックです。デザインもリュックのバランスを...
3位
シンプルエアマット
シンプルエアマット

729

【役に立つ情報】 個人通販店では、一番見られている防災用品となっております 【コ...
その他ベスト12はこれだ
4位
折りたたみウォータータンク5L
折りたたみウォータータンク5L

417

防災関連品として水関連のグッズとして、絶大な人気アイテムです。もらって嬉しいタイプなので人気...
5位
携帯用ミニトイレ
携帯用ミニトイレ

135

週末や連休のロングドライブとセットでやってくる渋滞・・・の途中でもし催しても安心・大丈夫な携...
6位
「防災の心得」てぬぐい
「防災の心得」てぬぐい

171

【役に立つ情報】 2017年の最新の防災用品です。防災セットの中身に 【ココだけ...
7位
「応急処置の心得」てぬぐい
「応急処置の心得」てぬぐい

171

【この防災グッズの苦労話】 新コンセプト品のため、なかなか売り方が難しい 【役に立つ...
8位
緊急時用多機能ストラップ
緊急時用多機能ストラップ

106

ワンポイントの名入れ印刷でオリジナル可能です。ライト、ホイッスル、ボールペンが一体となった緊...
9位
フリーサイズレインコート
フリーサイズレインコート

238

一般的なロングスタイルの定番レインコート。屋外活動や移動の際のシッカリとした雨対策に前準備と...
10位
配布向けポンチョ
配布向けポンチョ

322

急な雨対策にリュックも濡れないポンチョ。雨の際の非常用持ち出し袋を背負ったままでも着ることが...
11位
難燃防災ブランケット(ポーチ付)
難燃防災ブランケット(ポーチ付)

477

災害時に大事なのはなにはともあれまず、「自分の身の安全を守ること」に尽きます。 さ...
12位
ともかく便利な色指定可能肩掛けラージトート
ともかく便利な色指定可能肩掛けラージトート

106

正面に大きく名入れ可能。豊富な5つのカラーバリエーションから選べる大きなサイズのマチ付きトー...
その他ベスト12はこれだ
ボール型カッパタイプ
ボール型カッパタイプ

169

白のボールタイプにカラビナがついて、中にはポンチョ式カッパ。 急な雨対策用や、自転車で...
バッグ付き固定ベルト
バッグ付き固定ベルト

322

バッグとしても使えるからいろいろな用途に便利。家具の仮止めやちょっとしたベルトに使える2WA...
防水反射クリアポーチ
防水反射クリアポーチ

87

スマホの安全対策品として、防滴ケースに入れる。 唯一の通信手段確保のために防災セットの...

290

便利機能満載のドライバーセットで便利です。 災害時だけではなく、普段の作業にも最適です...
圧縮保管用毛布
圧縮保管用毛布

2,031

防災用としてぜひ備蓄しておきたい毛布。シーズンを問わず、災害時に必要とされるシチュエーション...
防災セットにワンプラスのレスキューシート
防災セットにワンプラスのレスキューシート

134

高級タイプのアルミブランケットで激安タイプ。 多くの人に配布したい場合などに最適です。...

246

普段のアウトドアでもしっかりと対応可能です。 防災セットの中にひとつは入れおきましょう...
ケース入りポンチョ
ケース入りポンチョ

247

ポンチョはここ近年注目を集めている雨対策グッズでもあります。【防災用品として】大雨の時は傘を...
配布用ホイッスル&ID用紙対応品
配布用ホイッスル&ID用紙対応品

128

ちょっとした安全対策品のイベントなどには最適。 本体の色指定ができません。 ...
手動クルクル式扇風機
手動クルクル式扇風機

197

ほぼ気休めですが、こうしたグッズがあるとリラックス。 しっかりと暑さ対策ができるように...
リラックスで安心・安全の快適サポート枕
リラックスで安心・安全の快適サポート枕

411

シッカリ休みたいときのサポートグッズ。横になって寝る場所を確保できないときなどに便利です。 ...

81

【役に立つ情報】 安い・小さい・便利だけどもあまり購入する場所がないので貰いたいアイテ...
水でも安心メモ帳
水でも安心メモ帳

198

ちょっとしたインパクト品になりますね。 水に濡らしてもフニャフニャならないタイプです。...
黒バッグ付き折りたたみしっかりチェア
黒バッグ付き折りたたみしっかりチェア

789

【悩みをズバリ!解決します】 数千個の在庫もあるので、バラマキ型でも十分よい 【...
座面に名入れ印刷。からだ想い3脚チェア
座面に名入れ印刷。からだ想い3脚チェア

356

ちょとした休憩などには最適。体調の悪い人や持病のある人にとっての長時間座位にオススメ。結構苦...

312

防滴ポーチがメインで中にアルミブランケットとライト、ホイッスルが入った4点セットです。既に同...
睡眠の助けセット
睡眠の助けセット

270

眠りにく場所で睡眠を確保するためのグッズ。快眠とまでいかなくても落ち着いて休息を取ることは大...

45

【悩みをズバリ!解決します】 低価格の安全対策品としては最高レベル。2017年夏からの...
赤外線カメラTi95
赤外線カメラTi95

210,000

サーモグラフィーで定点ポイントの熱を視て対策する使いやすい赤外線カメラ。熱中症予防などに最適...
B5収納緊急防災グッズ8点セット
B5収納緊急防災グッズ8点セット

1,264

一番本棚にしまいやすい、子供が使うノートと同じ高さの防災セットです。 実際に使用する際も持...
安全反射バンド
安全反射バンド

50

反射タイプの蛍光で目立つ・目立つ。 パンっとすれば、腕にクルリと自動で巻く。 ...
黒袋付き三脚チェア
黒袋付き三脚チェア

322

意外かもしれませんが、一部の人には購入されます。 基本はセット品としての価値が高いから...
アルミブランケット両面断熱・寒タイプ
アルミブランケット両面断熱・寒タイプ

149

熱いときには断熱 寒いときは保温 夏でも冬でも絶対に欲しい 寒暖兼用のアル...

214

【この記念品の苦労話】 マルチツールなので、普段はあまり大工仕事はしないので、ありがた...

99

安全対策にも活用できるためお子様向け訓練の粗品。 品質は価格が安くても全く問題ありませ...

171

【役に立つ情報】 ケースのデザインが非常にセンスがよく、防災関連品の粗品としては最高レ...
難燃素材の非常用バッグ
難燃素材の非常用バッグ

295

手持ちでも肩にかけてリュックのようにしても使うことができる難燃加工素材の非常用持ち出し袋です...

200

シンプルなメタリックデザインなのでロゴなどを印刷しやすいから人気の高い8徳ナイフです。昔まで...
軽快ポンチョ
軽快ポンチョ

356

レインコートより使いやすいポンチョ。両手が使えて蒸れにくいから雨の作業に便利です。 ...

74

小さいライトとしてキーホルダータイプとして。 ちょっとした防災訓練の手軽な参加としてお...
アルミタイプのレスキューシート
アルミタイプのレスキューシート

102

防災関連品としては防災セットに必ず必要です。 非常用持ち出し袋単品の場合には必ず1個。...

50

【悩みをズバリ!解決します】 防災訓練のバラマキ型参加賞として非常におすすめ。多くの自...

138

デザインが良いホイッスル&カラビナタイプです。 基本は商品のみで対応。災害対策での基本...
スリップ防止スノースパイク
スリップ防止スノースパイク

224

冬場の路面凍結によって転倒した、ないしは危ない思いをした人は多いはず。靴に簡単に取り付け可能...
5in1レジャーツール
5in1レジャーツール

213

普段使いでもしっかりと活用できる防災アイテムとして便利なマルチナイフツール。名入れにも対応し...


 


 

豪雨による水害の怖さ。避難訓練の重要性

九州地方を中心にこの1週間。梅雨の間に九州北部に大規模な豪雨となり、なんと死者まで出る災害となっております。

今回のケースなどは、災害において「まさか」という点があり、何十年ぶりの水害であり、こうした現象は地震などにも共通します。

今回はこうした点から、災害における防災リストの使い方と、避難訓練の重要性についてお伝えします。

 

最低限備える企業の会社防災品

今回の事で山間部などでの土砂災害もありましたが、やはり水害の怖さは河川の氾濫による広域の災害となりますので、該当地域の企業などは、会社において、水害対策用の防災セットなどをしっかりとリストアップすることが必要であると思いました。

結果的には最小限で抑えることが可能となりましたが、集中豪雨の場合は瞬間的な災害対応なので、備える場合についてのリストは、通常タイプと比較して、全く違うものを用意しておくことが求めれれます。

つまり、安全対策として、生命の危険が出た場合などについて、しっかりとすぐに対応できるように防災品を用意するもの必要でしょう。

 


 

記録的な大雨で対応したい防災対策リストとは

今の梅雨の時期。各地で記録的な大雨が起きています。河川の氾濫もありますが、やはり土砂災害なども危険です。

さっき入った情報では、大規模な災害となっております。

太平洋側で記録的大雨 土砂災害や河川増水に警戒(テレビ朝日系(ANN)) – Yahoo!ニュース

中国で大規模な土砂崩れ 15人死亡、約120人不明(テレビ朝日系(ANN)) – Yahoo!ニュース

油断していると、本当に怖い話であります。

 

大雨による被害などは、どんなものか調べてみた

さて、日本にいれば、大雨など沢山ありますし、都市型の場合は、夏はゲリラ豪雨が有名です。梅雨の時期には、土砂災害・河川の氾濫などがあり、大きくなればなるほど、自然災害の大きさになります。

よくあるシーンでは、コンクリート化している都市部で水没するのがよくあります。





実質的な被害は少なく、まだまだ生活を脅かす事ではないのですが、河川の氾濫などは小規模レベルではあり、それなりに対策が必要だと思います。

 

大雨による防災対策リストとは

さて、本題になりますが、防災対策としては、メインは地震になりますが、水害対策も大変多いのが日本です。

その中では意外かもしれませんが、「水確保」が水害対策では多く、飲み水確保があります

雨だから問題ないと思いますが、水道管が水害で破裂して、水が飲めないという被害が多いのです

このため、河川が氾濫すると、まず水分補給の確保が重要で、タンクなどが水害対策用のリストの一番となります。

 

あとは、防災セットなので多々ありますから見ておけばよいと思います。

こちらも意外かもしれませんが、雨で体冷えるので、体を温める毛布やブランケットが実は必要です。夜の寒さ対策になるのですが、梅雨の時期は、1日中、寒い場合が多いので、寒さ対策を防災リストにいれておきましょう。

 


 

最低限揃えておきたい防災グッズリストに企業名が出てくるのか?

最近、防災グッズのサイトの再構築をしておりますが、その中で、企業名が出てきます。

・アマゾン

・楽天

・無印良品

・100円均一ショップ

などです。これらのお店が、どうして防災専門店よりも有名であるのかを考えてみました。

 

近所に防災用品店が無い現実

まず、大切な事として、今では必ずホームセンターの大型店がどこかにあります。近くではカインズホームなどが有名で、ショッピングモールのような中に必ずホームセンターのようなお店があります。

ですから、基本として、災害対策品の程度の低いものでしたら、アウトドアグッズ関連で十分に揃えてる事が可能となっております。こうした傾向として、防災用品が近くにないというわけではありません。

しかし、防災グッズのリストとして揃えるという点では、ホームセンターは専門店ではなく、あくまでもアウトドア店でありますので、この点が少し不安な点もあります。

 

 

金額ベースで近くした場合のコスパ計算

次にもっとも大事な点としては、やはりコストになります。特に防災グッズのリスト一覧を見た場合、こんなにも揃えることが必要であり、大手の防災セット品の場合は数万円かかります。

災害セットなので、仕方が無い分だと思う反面、だからといって、使わない分までも予備として揃えるのはどうかと思います

こうした視点から、金額ベースで考えた場合、より安く、より品質がよく、より高性能である防災用品があればいいわけです。

 

まずは代表的にコストを考えると、100円均一ショップがダントツです。しかし、どの商品が一番よいのか判断ができないのが現実ですから、100円均一商品の情報が氾濫します。「これはいい」「これはだめ」とかという感じです。

基本は生活用品の中で役に立つ防災用品なので、主婦目線が多く、現場では役に立つといよりも、コスパがよいという点がいいと思います。こうした点は、素人的視点で、防災用品のリストを揃えるのに非常に役に立ちます。

 

次には良品計画です。つまり無印商品です。こちらは100円ショップと違い、もう少しグレードが高いもので、少し「かわいく」「おしゃれ」なものを、しっかりと揃えたいという形で展開されています。これも無印良品のファンが沢山いますので、防災グッズというよりも、生活インテリアとしてのリストとして役に立つでしょう

 

その他、ショッピングモール系である、アマゾン・楽天などは比較しやすく、競争があるので、この点もしっかりと防災用品をそろえるのには非常によいでしょう。

 


 

防災グッズリストで大切な事実。リアル体験で使うものだけを

当店としては、常に「損」をしないように心がけた販売をしております。

どうしても防災士は、災害で命を守るためには必須のアイテムを提案しておりますが、実際に使うケースを想定していないパターンが多いと判断しております。

逆に普段使っているアウトドア派の方にとっては、すでに必要ない防災セットの中身であり、リストに入れる必要がないと判断しております。実際の現場ですぐに使えるように・すぐに使えた経験こそが必要なわけです。今回はこの視点でお伝えします。

 

 

わかっていない古い防災セットリスト

基本、過去の大きな災害を想定して設置された防災セットリスト。これ自体は問題ありませんが、問題は数年に1回起きる大地震で対応した物をメインとしているため、あまりにも時代が古いセット品であります

過去の災害自体は問題ないのですが、時代の速度は非常に速く、10年前にはスマホなど存在しないわけです。10年前の災害など、防災関連ではほんの少し前の話として、とらえることになりますが、10年前の時代の流れについては「大昔」になるわけです。

 

ですから、本質的にわかっていないパターンの防災リストが重要項目として上にあり、役には立つけれど、実際の現場ではもっと大切なものがあるのです。それがわからないで対応しているのが多くあると思います。

 

 

リストは常にバージョンアップ

ですから、リストについては常に新しいものにプラスして考えて対応しなければいけません。当たり前ですが、この件については、意外とハードルが高いと感じています。つまり、防災士とは、古い過去の蓄積が重要であり、それ以外は過去の想定が一番のノウハウとなるからです。

しかし、先ほども伝えたとおり、時代の流れが速く、例えば、スマホ充電器のようなタイプは、防災リストの中にはないのです。今の時代、スマホで連絡が取れるかどうかは死命を対応する一番の道具です。それが全くないのは不思議であります。

 

このように、防災リストとは常にバージョンアップして対応しなければいけないと判断したほうがいいでしょう。

 


 

自転車のタイヤがパンクしない安全タイプ

最近、会社への行き返りに、自転車を活用してます。

普段から運動をするためには、どうすればいいのか?という問いについて、非常に難しい流れがあるからです。

忙しいから運動ができない

といのは良くあるいいわけなんですが、逆に本当に忙しくても、店長クラスになると、自己管理としてのスキルから、ちゃんと運動するわけです。わかりやすくいえば、風邪などひいている暇などないから、普段から身体を鍛えるのも「仕事のうち」となるわけです。

 

さて、こうした流れからいえば自転車を普段から活用することで、普段運動をしないことを解消するため、対応してるのです。

それまでは登山で対応して、山を登るとくだらないといけないので、自分のいいかげんな性格には非常にピッタリだったのです。それでも毎週1回あればOKなんですが、仕事や天気でいけない場合もあり、なかなかできませんでした。

 

こうした中、自転車通勤は、ある意味では「強制的な流れ」があり、自宅へ帰るのも、会社行くのも強制なんですよ

ですから、片道40分の強制運動になるため、非常に効率がよいわけです。

 

さて、こんな感じで、最近は自転車について少しだけ興味や情報があり、こんな記事を見かけました。

空気入れすら不要!『絶対パンクしない自転車タイヤ』が開発され、自転車ユーザー歓喜 – grape [グレイプ]

 

リンク先から見ればいいのですが、穴ぼこだらけという逆転の発想。

穴を空けてはいけないのですが、もともと穴が空いているのであれば問題ないわけです。

もちろん、それだと空気がないので意味がないから、独自の技術があり、昔は重かったようですが、今はそれを軽量化して、長く使えるようにしているわけですね。

 

穴ぼこだらけのタイヤ

けっこう斬新であり、発想としては非常によいところをみていると思います。

これはどのタイヤでもいいわけであり、自転車だけはなく、もし車で対応できれば素晴らしいものです。

 

その他防災グッズ

<2015年秋の総括>

全体の印象としては、災害対策で必要な商品として、実需の商品開発がメインとなってきました。

特に各メーカーとしては、スマホ対応の充電器などがやはり一押し商品としておすすめです。防災関連品なので、単にスマホ充電器だけではだめなので、ライトと兼用の機能を持たせて、2WAY式にしているのが特徴でしょう。

その他は実用品が多くリュックなども単に災害対策用ではなく、普段から使えるけど、災害にももっと活用できる機能や性能にしています。こうした点は非常に評価が高いでしょう。

次に各メーカーごとで競争しているので、同一性能・同一機能でありながら、単価が違う商品もちらほらしています。これは大量販売した場合、数万個の在庫しかないので、同一商品の代替品となるのでいいかもしれません。

災害対策として、他店では1万円程度など高い部類ですが、これなら自治会などで、多くの人に渡せるので、とってもいいと判断しています。

ライトや非常用持出袋以外の防災グッズとなります。セキュリティー対策品など幅広くありますので、最新の防災グッズもありますのでぜひご覧下さい。身近に置けるようなライトやラジオなど普段から使えるものが多数あります。アウトドアにも使えるので、ご利用下さい。その他の多くの防災グッズは、代替品など多数あります。防災グッズリストの参考に。

 

短納期について