防災グッズ通販店

履歴 TOPへ

小学館の美味しんぼ事件にみる売り上げ重視

放射能の風評被害になっている件。

小学館の美味しんぼ事件にみる流れでは、漫画家の「放射脳」が問題視されていますが、もっと根深い問題がある。

それは単純に小学館が、今回の漫画家に対して「礼節」を通した結果、裸の王様になっている点だ。つまり、小学館にとっては売り上げ減になるため、容認した結果、小学館自体のブランドイメージが著しく低下したことになる。

小学館の美味しんぼ事件

 

漫画家の方が「放射脳」になるのはいいかもしれませんが、問題は連鎖して小学館まで「放射脳」になることはないのです。

ですが、美味しんぼの単行本の売り上げをゼロにした場合、小学館のダメージはすさまじく、漫画家の言いなりにしかなれない現実があります

それが今回の根本原因でしょう。

 

この点をもっと追求すべきであり、この点につては、あまり声がないのです。

因果関係としては、この小学館体質が問題あり、漫画家はもともと「放射脳」ですから、ほっとけばよいのです。

 

社会的な責任が少なからずある小学館。

この点については、もう少し大人の対応をしなければいけない。

また、マスメディアも同業であるから批判しないけど、こうした批判もすぐに公平にすべきでしょうね。

 

 

 

2014年5月12日

 

 

 

短納期について