防災グッズ通販店

履歴 TOPへ

2017暑くなるけど熱中症が一番の防災対策

2017年度分

下記の内容を見ると、確かに震災の時は、「節電」がメインとなっており、その道具として防災品関連は非常におすすめ度が高いレベルでした。

これに関しては、単純に防災用品関連の性能が高い部分があり、それが非常時に非常に力を発揮するからです。このため、あらゆるトラブルシーンにおいても、とっても役に立つものばかりでした。

災害=非常時という感じであれば、他に変わる分野として、あまりなく、基本としては、防災品がメインとなるのは自然の流れでした。

 

さて、今年の暑さ対策を見ると、たった数年で非常に良い商品が多数出てきており、全体の流れとしては、100円均一商品からもみて分かるように、非常にハイクオリティ品が多くなったと思います。結果的に、こうした商品が増えることで、防災品も幅広いニーズからの顧客層になっていると思います。

 

2013年度分

5月にもなると、そろそろ暑さが感じれら、暑さ対策が必要になります。
こうした関係から、もっと暑さに関係したグッズなどがメインの流れになります。
その流れとしてメインとなるのが、熱中症対策グッズでしょう。

熱中症ですが、対象となるのが、体が弱い高齢者や子供がメインとなります。
発病するまでに実際の流れとして、わからないのが現状で、最悪のケースにもなる可能性があります。

このため、ほぼ災害対策と同類の警戒をメインにしなければいけないと思います。
また、もし真夏に大きな地震などの災害が起きた場合、熱中症対策向けの施策が重要になるからです。

前回の東北大震災の場合は、冬でしたので、ブランケットなどがとても重要になりましたが、
真夏ならまちがいなく熱中症となりますので、こうした点を考慮した方が良いです。

2017年5月17日

 

 

 

短納期について