防災グッズ通販店

履歴 TOPへ

防災グッズのプレゼント

防災グッズを使うにあたっての良いところ

災害対策は時代の流れも大きく影響しますが、一般的な商品選択の中に必ず入ってきます。
それは東日本大震災の影響が強く、災害対策が必須だと誰でも認識したからです。

もらって嬉しい商品ではなく、もらって「ためになる」「役に立つ」商品として
防災グッズはエントリーされています。単なる時計やタオルでは、
こうした影響力は皆無ですから、いかに防災グッズの付加価値が高まっているのかわかります。


ただし、やはり関東以北や関西地区までは意識が高いですが、
九州・四国・中国などは、防災に対する意識が災害がない分だけ薄く、
従って、販売量も他の地区と比べると減ってしまうことがあります。

このため、防災グッズの良さを理解してもらうためには、
過去に災害にあわれた地区周辺がやはり意識が高く、
備えて安心という感じで受け取ってもらえます。

単なる景品ですが、例えば住宅展示場などでは、地震対策とリンクしますので、
防災グッズを粗品として展開するのは非常によく、企業のブランドイメージ向上につながり、
防災グッズが災害対策以上の価値や演出をする場合となっています。

安心・安全のイメージを伝えることに効果的な面が防災グッズが他の景品と違う点であり、
災害の記憶が新しいため、こうした訴求効果が見込める形となっています。


多くの景品や記念品の中で、こうした安心や安全を訴求できるのは、
とても少ないです。あっととしても、防災グッズまで信頼感を演出できるのは少ないでしょう。

このような経緯から、防災グッズを展開する形として、安心や安全をイメージしたい企業の中で、こうした需要があります。

景品として使う方法としては、来場用記念品として展開するのですが、
成約記念など、特別な方法でお渡しするのがいいでしょう。
単価も高く、バラマキ型としては不適切です。

しかし、単価が安いソーラーLEDライトキーホルダーなど、100円前後のものや、アルミブランケットなどもあり、
バラマク事も可能となっています。TPOに合わせて防災グッズを展開できるくらい、バリエーションが増えているのが防災グッズでしょう。


ともかく、企業にとって安心や安全をPRして、損な事はほとんどないので、
防災グッズという固定概念にこだわらず、訴求効果だけを狙った方法で取り組んだ方がよいと思います。

価格が高いから内容が変わるというプラス面が防災グッズの中にはあり、
他の景品などで「高いから嫌」とは反比例する付加価値があります。

防災グッズの中で、50円や100円となると、
それだけの効果・効用しかないように感じます。
また、それが正解ともいえます。

当店でも3000円程度の大口が決まる場合もあり、
どうしてか理由がわからないのですが、
推測すると、単価が高いものは、それだけ付加価値を高く演出できる点と、
高いからそれだけ充実した内容の防災グッズが数十点あると思うからです。

このように価格が高い事で、安全や安心感を演出でき、
しかも喜ばれるという仕組みは、非常に珍しく、防災グッズならではの珍現象とも言えます。

価格が高い事で、数千個とかは注文がきませんが、
数百個なら1度であるのが多く、
それだけ予算を沢山持っているお金もち企業が存在しているかたちです。

ベストシーズンが無いために年間を通して使える利点があります。
春用とか冬用とかありません。
このため使いたい時に使えるオールラウンド商品です。

このため、防災グッズは年間のイベントスケジュールにいつでも入る事が可能となっていますので、基本はとても強い商品です。

しかし、いつでも使えるので、時計やタオルと同じで、かわりばえがしないという欠点も存在します。

ただし、防災グッズは災害対策の中の一環として規定されますので、
年間を通して安定供給がされていないといけない商品であり、
それ自体は全く問題がありません。

年間を通じて使うため、あきられてしまう時期や、
ちょっとだけ集中する時期もありますが、
一般的にいって、イベント側としては、これほど助かる消費は少なく、
イベント向きの景品として位置があります。

本体が大きいために見た目が派手というインパクトがある特徴が防災グッズです。
とても笑える現象ですが、見た目の派手さは、イベント向きの商品となります。

イベントでは、重たい・大きい・見た目が派手など、インパクトが大切な事があります。
重たいとずっしり感があり、なんだか価値があるように錯覚します。
大きいとそれだけ価値が高いと勘違いします。
見た目が派手だと、なんだか勢いがあり価値が高まっているように感じます。

このように、重たい・大きいなどは、意外と防災グッズの中のカテゴリーに含まれるため、
イベントの内容に価値を持たせたい場合には、防災グッズを使う場合もあります。
大きめで派手な防災グッズは、意外と1等などの景品として使われるケースが多く、
このため、価値が高いものを選び、結果的に価格が高いものを選択します。

このように防災グッズは本体の派手さがプラスして、
他の記念品として比較しても、有利な面が多分にあるように感じます。

このような付加価値を知る事で、プラス面をうまく活用しましょう。

個人で購入をすることが少ないためにプラス部分が高いのが防災グッズの大きな利点です。
つまり、どこでも買えるような、どこにでもあるような記念品だと価値が高まりません。


防災グッズを普段から購入する人はほとんどいません。
当たり前ですが、防災グッズとは災害対策ですから、地震などの災害がない場合は必要ありません。

ですから、基本的に購入することが一生に1度あるかどうかです。

大震災以降、防止グッズも普段の買い物の中に入りましたが、
それでも、特殊な景品であることはかわりがありません。

ですので、この差を上手く利用して、防災グッズをもらうようにイベントなどで組んで展開するば、
もらった方はプラスになります。

もらった方が普段は買わないですから、
その防災グッズがいくらのコストであるかなどわかりません。

基本は高く見積もりますので、その差分をイベント成功の印象度プラスとして展開した方が良いです。

商品の選択の趣味やセンスを必要としない点が防災グッズです。

もともと災害対策用ですから、センスなど不必要です。
これが大きなポイントとなります。

多くの記念品や景品は、その方向から、どうしても選ぶセンスが必須です。
センスの悪いものを選ぶと、どうしても不評になります。
特に一般的で誰でも買えるものは、あまりオススメではないのが、このためです。

しかし、防災グッズは、さきほども言ったように普段から買わないので、
センス自体が発生しません。まず、差し上げれば、捨てる事はありませんし、
逆にそのような人は、普段から災害対策などしていませんので、もらって嬉しがるタイプなのです。

このように欠点を利点としてみることで、無駄な経費を削減できるため、防災グッズのイベント成功率は意外にも高いのです。

ソーラーLEDキーホルダー ソーラーLED キーホルダー

 

記念品プレゼントとしての防災グッズ

防災グッズの記念品プレゼントにつきましては、まず大切なことは、どんな記念品にもブームがあります。
日本において、東日本大震災以降、記念品としての価値が高まった分野の一つです。
特に高額な防災グッズですが、お手軽な値段で提案できるようなサイトには、非常に注文が殺到した流れとなっております。
手ごろな価格として、防災グッズを取り扱っているからです。
お手軽な防災グッズはとても人気で、低価格路線がお客様に対して好評いただいております。
これは一個単位で販売していなかったため、地域の自治体なので、
頼む方がメインとなる販売方法の流れにあっていたからです。
低価格品の記念品販売店がクローズアップされ、注目されました。
1個単位で販売している防災グッズと比べれば、三分の1程度だからです。
防災グッズをが非常に安く、激安防災グッズとして記念品の販売をしているため、
大口のお客様のみ対応しております。

個人の一個販売の対応はしておりません。
単価が全く設定で合わないからです。

次に、在庫にありますが、常に変動しております。
昨年の反省から、防災グッズの在庫は多く持っており、現在では各1万個はあります。
防災グッズの在庫は変動しておりますが、比較的多く出るのが、9月と12月です。
9月は防災の日、12月は年末年始の来場者へのプレゼントがメインとなります。
このため、記念品を使う場合は、約90日前からご注文いただくのが一番良いと思います。
数は100個からオーダー数が多いです。

実際使われる方の予算で、50万円から100万円が大口のラインとして多いです。
在庫は常に変動しております。ご注意下さい。
防災グッズの低価格の販売のため、在庫は常に変動しておりますためにサイトでの在庫の数量の表示はしておりません。
お問い合わせは、すぐに購入したい場合のみ、お電話でお願いします。
できましたら。先にご入力頂き、こちらの方から返答するなかれが一番早いです。
次に、オリジナルの展開につきましては、ワンポイントの名入れがメインとなります。

オリジナルの防災グッズの製作につきましては、ワンポイントの名入れがメインとなります。
当店では、販売促進用として、サイトで記念品を販売している流れから、
防災グッズでも、このようなオリジナルグッズの製作を普段からしております。
価格も非常に安く、また、名入れのノウハウがあるため、非常にきれいにできる形となっております、
オリジナルの防災グッズの製作につきまして、期間は約2週間前後を見てください。
二週間あれば、最短で納品することも可能です。
オリジナルにすることによって、世界で一個しかない防災グッズが展開できます。
企業側としては、非常にプラスになる面が多いです。
もらったお客様も、非常に良い商品を記念品としてもらったものとして、認識してると思います。

オリジナルの防災グッズを制作した場合、包装・のし包装につきましては有料となっております。
無料ではありませんのでご注意下さい。
包装につきましては、最近の流れとしてECOとして、包装しない事が多いです。
のしにつきましては、印刷屋さんに発注しますので高いです。
基本は包装・のし等のサービスはしておりません。

最後に、防災グッズの記念品につきましては、ある程度お客様の方で所持がありますので、
震災後のようなブームにはなっておりません。

電池を使わない大サイズのものが相変わらず人気です。

一部の非常用持ち出し袋セットなどは非常に人気がある分野となっております。
在庫も豊富にありますのでオススメをしております。

難燃加工非常用持出袋 難燃加工非常用持出袋 246円(税込)

2013年9月12日

 

 

 

短納期について