防災グッズ通販店

履歴 TOPへ

防災グッズの種類と活用シーン

◆防災グッズの種類について

 

非常食・保存水と防災グッズ

当店が扱う非常食ですが、おもに製菓メーカーで有名なブランドのブルボンをメーンに取り扱っています。
これ以外にも沢山の食品関連企業製品もあります。
非常食は口に入れるものなので、基本として、怪しいメーカーとの取引が出来ません。
もし、健康に被害があった場合に取り返しがつかないからです。
このため、有名メーカーの食品関連が人気になっています。
価格は競争原理で安くなっていますが、基本として激安タイプの非常食などありません。
基本として、自らが取り揃えるような形が一番よいと思います。
普段から量販店などで、震災以降は販売していますので、安いものをゲットするのもいいかもしれません。
また、あまっても、お菓子感覚で食べられますので、それほどきにすることはありません。

 

 

緊急避難と防災グッズ

災害用で真っ先に必要になるために準備するのが緊急避難用関連の内容になりますが、
実際に震災の時に簡単に運び出す事ができたかというと、ほとんど出来ていない状態の様です。
震災の経験から、自らの命が守るのが精一杯で、緊急避難セットが役にたったという結果にはなっていません。
ですから、基本として、普段からの意識向上や、災害対策がメインになると思います。
避難セットの場合、ある程度コンパクト化するのがメインになると思います。
本当にコンパクトなので、基本は片手で持てる程度なのです。
ですから、玄関近くに常に常備するような感覚か、普段から出し入れし、大切なものを保管しているものに限定した方がよいと思います。

 

 

地震対策と防災グッズ

地震対策グッズとしては、雑貨量販店やホームセンターなどに沢山販売されていますので、個人様はそちらでご購入ください。
当店は企業向けなので大量買いの場合に適しています。
地震対策グッズは、すでにホームセンターや量販店では、売れ筋コーナーになっているため、
基本としては、手にもってみて、購入した方がよいと思います。
量販店なら、1個個人向けに販売しているので、全く問題ないと思います。
問題は量販店やホームセンターは、個人向けなので、
数量が多いものについては、ルートがなく、
更に言えば、働いている社員やアルバイトは、こうした交渉には不向きであり、不得意なので、
当店のような地震対策グッズをメインにしているところが一番よいと思います。
地震対策グッズは、ある程度、保険などでカバーするようにしっかりとした調査と契約が必要になると思います。

 

 

停電対策と防災グッズ

停電対策グッズは、大震災の時の東京電力における計画停電のため、あらゆる対策グッズが出てきました。
このためカテゴリーとしては多く取り扱われるジャンルになっています。
停電対策は節電対策とリンクしていますので、この節電対策グッズ関連が多いと思います。
電池を使わない経済的なものも多くあると思います。
停電対策は、どちらかと言えば、電力を確保するためにはどうすればいいのか?
というのが防災関連としては大きいと思います。普段から無駄な電気を使わない節電とは、類似性がことなります。
オススメは停電対策グッズというより、電源対策ですが、携帯充電器関連がメインになります。
また、これから夕方でも暗くなるので、LEDライトなどが多いです。
ともかく、停電という不名誉な対策は、根本から治してもらいたいです。

 

 

水害対策と防災グッズ

水害対策については、基本はあまり取り扱いが少ないので、水源対策がメーンになっていると思います。
つまり、生活用水や飲み水などの水分補給などになります。
水害対策というと床上浸水がメインになりますが、
これは河川が氾濫した時に行われる最終的な災害になりますので、この部分ではありません。
どちらかと言えば、水害なので水つながりで水分補給がメインになります。
水害対策は自治体なので大規模支援になり、
さらには、警察や消防がメインになるので、個々になにかをすることはありません。
それよりも先ほどから伝えている水分補給による健康維持など、メインになる部分が沢山あります。

 

 

火災予防と防災グッズ

火災予防は消防関連としては非常に重要なアイテムになると思います。
個人で何かを展開するのは難しいでしょう。基本的には生活品になると思います。
火災予防と限定してしまうと、どうしても防災グッズよりも、生活品としての位置になるため、消火器などにイメージがいってしまいます。
当店としては、どちらかといえば、普段からの災害対策品となります。
災害対策については、個々の商品がありすぎますので、
どちらかといえばセット品として展開し、その中で火災予防の商品をせっとで選んでもらいたいと思います。
消防関連品なので、普段から取り揃えるよりも、火災にあわないようにノウハウをプラスするようにした方がいいと思います。

 

 

災害用トイレと防災グッズ

一時、災害用簡易タイプのトイレがブームになりました。
当店ではあまり取り扱っていませんのですが、傾向として基本的にはバラマキ型がふさわしく見られます。
1個100円から200円がメインになると思いますが、
今ではあちこちが取り扱うタイプの防災関連品となっているため、
当店ではそれほど興味がありません。
なぜなら、あちこちで扱うことができるため、
全く関係がない所が販売するような悪循環になっている点です。
当店では一番安い所を紹介するような形がメインになるでしょうが、
基本はネットで販売しているため、検索でキーワード検索して、それを1個1個みて対策してほしいです。
災害用トイレは、あると嬉しいですが、使う機会が普段からでもすくないので、価格が下落した時点で購入した方がよいと思います。

 

 

応急手当用品と防災グッズ

応急手当関連商品については、
当店では防災グッズ関連品としてとてもよく販売できていました。売れ筋品のカテゴリーになります。
これが人気の理由は、コンパクトでしかも可愛い点なのです。
入っているものも、どちらかといえば、ドッシリ系ではなく、女性が使うポーチ感覚のが多いように思います。
このため9点せっとか6点セットとかが多いです。
価格も非常にリーズナブルなため、
防災グッズ関連の商品としてはロング定番品として位置があります。
当店でもオススメ品になっています。
多くがワンポイントの名前入れをメインにしていますので、注目されるところです。

 

 

防災頭巾・カバーと防災グッズ

防災頭巾、ヘルメット等のお問い合わせは、1ヶ月に1回程度は必ずあります。これはPTA関連の学校が多いです。
もうすぐ卒業記念品のシーズンですが、流れから言えば、子供や父母を守るための道具として位置づけられています。
防災頭巾と平行してヘルメットなども、売れ筋品や問い合わせが多いのが流れになっています。
また、子供向けタイプの多くなっています。
しかし、これらの防災頭巾関連は、すでに量販店で激安で販売しているをよく見かけるので、
当店としては、そちらで購入してもらればいいと思っています。

 

 

防災リストの人気の秘密とは

防災グッズの中で、意外と情報で人気な部分としては、防災グッズのリストになります。
どの防災グッズを揃えればいいのか。そんな素朴な疑問に答えられるのが、重宝されるのです。
防災グッズの中には、調査をしてわかったのですが、普段から使うような手軽な防災グッズから、
イベントで使う防災グッズや、長期に保存する防災グッズなど多岐にわたります。
また、使う側が、自治会などの地域性を重視しているのか、民間企業の総務部関連で揃えたいのか、
広告代理店のようなイベントで使うのかによって、変わっていきます。
こうした流れから、多種多様な防災グッズのリストが存在するため、
その組み合わせは無限にあるのですが、基本として、
どれが一番安心して揃えられるのかが重要になります。
こうした点を解消できる防災グッズリストが必要であり、
この不満を見事に解消しているページなどが、高い評価を得ているように感じます。
リストも単に簡単明細ではなく、親切丁寧に書いているのがオススメとして評価されていますので、
しっかりと時間をかけてつくりこんだものが、よい防災グッズとして見られています。

 

 

買い控えが起きる防災グッズ

今回の防災グッズに関しての、どのメーカーに問い合わせても、
昨年と比較すれば、売れないのは当然だけど、動きがとても鈍いと言っていた。
これは売れないというよりも、やはり出回っているという感じで、意外と厳しい感じるがある。
また、もっと深刻な面としては、景気自体が減速化して、
予算がないという局面に変更しているのではないかという点である。これなら、
防災グッズが売れないという事ではなく、こうした予備にお金を回す余裕がないというのが、
正しい分析というべきだろう。
これは示唆に富んでいて、防災グッズのように、ぜったいになくてはならない商品である場合、
こうした全ての面で買い控えが起こり、売上減速になっている可能性があり、
注意深くみておかなければいけない。
少しだけうれているのが、どちらかといえば、昨年のイベントで、
今年も定期的にイベントがある場合は、ご注文がありました。
新規に防災グッズのイベントで使うという流れは少なかったように思います。
消費の減速傾向が強まり、買い控えがでてくる前兆ではないのか。

 

携帯できる!安心防災5点セット 携帯できる!安心防災5点セット



◆実際の防災グッズの活用シーン

今までにご購入いただきました防災グッズの活用されたシーンでの
契約状況や良かった点、困った点のお話です。ご参考にしてください。

 

展示会粗品来場用記念品

防災グッズは、時として魅力的な記念品になります。
当店としては、災害用のイベント品として販売しているのですが、
意外と商品自体の魅力として防災用品を使われる機会もあるみたいです。
そんな中、なるほどと思うのは、住宅メーカーによる展示会。
住宅を販売する場合、耐震性などの訴求で、防災対策・災害対策が基本になりますが、
この関連で、当店の防災グッズを使う機会が増えます。
また、今回の防災グッズは、犬の形をした防災セットのため、
防災袋のような見た目のゴツゴツさは全くなく、可愛らしい防災グッズであるので、
その点も非常に注目を集めました。
そうした経緯から、展示会では完売になり、急遽、追加の納品になりました。
さて、こうした点をお客様の声として聞いてみると、
「商材ありき」
という考え方がメインになります。
どんな防災グッズばかりではだめで、やはり、
売れ筋品の防災グッズを選びぬいた形がイベントを成功させた要因でしょう。

 

 

社団法人の簡単な名入れ

今回の防災グッズは売れ筋のソーラーライトキーホルダーです。
数量が多いのは、バラマキ型で社名を入れて展開するからです。
簡単な名入れに適した防災グッズは、どんなものが良いのか?それを判断した結果、
大人気の防災グッズであるソーラーLEDキーホルダーになりました。
見積もり依頼が来たので、早速、出したのですが、
少し不安な面もありました。
それは「高い」と思われるからです。
なぜか?
=数量があるから安くなるのが当たり前
という方程式です
これ自体は合っているのですが、実はそれほど変わりません。
なぜなら、もともと安いからです。
名入れも数が多いから作業が効率的になるのではなく、もともと手作業なので、
それほど工程は変わりません。
このような流れなので、注文があるかどうかが不安でしたが、
なんとか予算以内でOKでした。
これは、当店とお客様が「直接」に対応していため、1社広告代理店のような所が入ると、
当然、高くなりますので、こうした所が無かった所が予算内に入ったのでしょう。
ソーラーLEDキーホルダー自体は、裏面の名入れスペースが大きいので、綺麗に名入れが出来て
お客様も満足して頂きました。良かったです。

 

 

地方自治会:予算がゆれて一苦労

今回の防災グッズは定番「難燃加工非常用持出袋」です。
自治会で使用するので、記念品として防災グッズが決定しました。
ただ、これも毎度で、沢山の人が集まれば、沢山の意見が出てきます。
また、予算は1人1人から集めた集金のお金なので、色々と要望がでます。
そして、予算内に「あれも」「これも」となるから、当然、なかなか決まりません。
こうした流れは、防災グッズの中では多いです。
仕方がありません。
ただし、使う事は決まっているので、決まる時はあっさりと決まります。
今回は決まってからは、今までの交渉が嘘のように流れ、ワンポイントの
名入れをして納品しました。

携帯用エマージェンシーアルミブランケット(防水ポーチ入) 携帯用エマージェンシーアルミブランケット

 



◆販促品としての防災グッズについて

防災グッズでの、販促品は、これからも重要な販促品の中の一つとして伸びていくと思います。
これは、日本が防災に関連して地震大国であり、このような商品は、常に必要だと思います。
防災グッズは、災害対策として考え、企業の福利厚生品として、重要なので、
これからも防災グッズは、重要な販促品となるのは間違いないと思います。
差し上げる商品としては、非常に魅力な商品であります。ご検討ください。
防災グッズの中では販促品に向いたコンパクトな非常用持ち出し袋などもあります。
基本的には現在では、その他のアウトドアグッズ関連の商品がメインとなっております。
また、最近では、携帯電話の中で、スマートフォン関連の、充電器式がメントなっております。
このような関係から、防災グッズの商品の中には、非常に広範囲となっております。
オリジナル制作などでも、重要な商品のカテゴリの中の一つとなっております。
防災グッズを選ぶようなを企業がたくさん出ております。
防災グッズの中で、最近多いご要望は価格が高いのに対してのことです。
高いものは、それだけの品質が良いものが揃えられており、その中から選んで、企業のイメージアップをするものが、非常に多いです。
こうした流れから、企業のイレードアップするための防災グッズとしての、販促品年の役割が非常に高くなっております。
物をあげるのではなく、企業のブランドイメージを上げることによって、防災グッズを使うという、発想がメインとなっております。
そのため、価格が高くないと、その企業のブランドイメージが維持できないというような形となっております。
防災グッズへの名入れを行うことについてですが、実際にも名前入れが非常に多いです。
企業のブランドのロゴなど、展開するのが多いと思います。
さらに言えば、展開した場合のコストと、中身が合ってるから、あげるのではなく、
企業のブランドイメージを訴求したいからです。
さらには、企業の方向性まで感じ、持てるような防災グッズの側面が強いと思います。
防災グッズはとてもたくさんの種類がありますので、その中から選ぶ商品としてオススメなのは非常用タイプです。
しかし、既にある商品で、一回使われているので、近くにあるため、需要がありません。
このため、子供向けのグッズなど、機能性が高いものが売れています。
子供用のタイプなのは、市場ではなかなか見つけられないため、防災グッズとしてお勧めしています。

ソーラーLEDキーホルダー ソーラーLED キーホルダー 120円(税込)

2013年9月12日

 

 

 

短納期について