防災グッズ通販店

履歴 TOPへ

防災サイトをどんな風に見ているのか調べてみた

banner4どんな感じで見ているんだろう?


 このサイトをどんな感じで、皆様は訪れているのか?30日間のアクセス解析を見て調べてみました。

なるほど!ほほうとなる部分もありますので、ぜひご覧下さい。

下記がキーワードとアクセス数の内容となります。

 

防災サイト

こんな感じで見ているのかわかります。

メインの防災グッズというキーワードは全体では4分の1くらいで、それ以外に関連した内容が見て取れます。

どこに関心があるのか分かりますね。

 

kodawari2災害対策関連に強い関心


 防災なので、現象としては地震などを一番想定していますが、災害は地震でははなく、普段の豪雨や雪被害など多岐にわたります。また、アウトドアなのでの活動などは、一般的なレジャーなので、こうした軽い災害に合う可能性が高まります

災害用品や災害グッズなどは基本的にはなく、専門的にいえば「防災セット」が該当品になるでしょう。

防災セットは「こちら」からありますので、ご覧下さい。

見てもらればわかりますが、セット対応品として、非常にわかりやすく、しかも低コストで提案できていると思います。

こうした商品を1点でも家庭や車などにあれば、安心だと思います。

 

 qa1防災だけでわからない現状


 防災というキーワードが3位になり、それなりの検索数になっています。

これは非常にわかる心理であります。「何が防災に役立つのか自体わからない」というのが現状なんです。

ですから、商品名や対策用語などはなく、まずは調べてみようとする形になっています。

このため、当店のようなサイトは、まずは「こんな商品が防災関連でいいのでは?」という提案があっていいのでは?と思います。

 

takumi2防災ラジオ・リュック・非常用持ち出し袋


防災用品をそろえるのは大変ですが、ニーズは少なからずあります。今回は「ラジオ」「リュック」「非常用持ち出し袋」などが、上位の関心がある商品カテゴリーになります。

・ラジオはこちら

・非常用持ち出し袋はこちら

となりますので、まずは、各商品をみて判断してください。

当店自慢の商品があります。

 

toiawaseビジネス用


 他店の違いについては、当店は法人専門店としての流れで、しかも、イベントやキャンペーン品を対象とした「販促品用の防災用品」となります。

この違いは大きく、個人へ1個販売をメインとしているサイトが、防災用品店では多く、また、官公庁への大型納品もメインとなっていますが、当店では、法人向けの販促品や記念品をメインとして、名入れ印刷対応をしています。

オリジナルの防災グッズを手軽に製作できるようにしておりますので、この点で、もっとニーズとあえばよいと判断しています。

2016年3月28日

 

 

 

短納期について