防災グッズ通販店

履歴 TOPへ

非常食の備えとカセットコンロ

東日本大震災で育ち盛りの子供二人を抱えて仙台で被災した友人。

 

土地的に孤立してしまいました。

 

食料や水の配給がない!ご主人は公務員で人々のために帰ってこれなくなり、

めちゃくちゃになったせっかく建てた家で、

子供たち、そして自分がなんとか飢えをしのがなくてはと、

まず食べられそうな物や飲み物をかき集め、

保存できそうな物・インスタントラーメンや乾物やおやつは今後のためによけ、

腐る物つまり生ものや野菜類から順番に食べて行くことに。

 

数日たたないとライフラインも店も始まらない状況でした。

そして、カセットコンロとストックのガス缶がなんとか無事だったことで、

あとはひとつの鍋さえあれば「調理ができる!」とほっとしたと言います。

 

まずは魚や肉や野菜を食べ、なくなってからラーメンやスープ、おやつに移ったそう。

 

パンやごはんは10日後くらいに何時間も並んで買い、やっと食べたそうです。

毎日少しずつ食料を買い物するという人もいますが、私は万一のためにたくさん買います。

2013年8月7日

 

 

 

短納期について