防災グッズ通販店

履歴 TOPへ

大雪における車の運転の注意点

豪雪となった15日。

車での移動ができませんが、問題があるとすれば、チェーンが必要であるかどうかです。

これについては、当たり前で必要なのですが、車社会における備えができていない面もあり、それは装備だけではなく、知識も同じです。

 

http://www.asahi.com/articles/ASG2K6HLQG2KUTFL018.html

大雪、やむなく運転する時は…装備と注意点おさらい:朝日新聞デジタル

20140220

 

まず図をみておもったのが「砂」です。

確かに坂道なので、砂をおおく見かけます。スリップした場合に備えて、砂を撒きますからね。

まさか、砂が必要であるとはおもいませんが、用意は必要です。

今度の大雪などには必要ですから、ペットボトルなどに入れておくといいでしょう。また、布や鉄などのかませる部分も必要だと思います。

 

さらにいえば、防寒具。

これも必要でしょうね。夜になると当然0度以下になるのですから、こうした点などが必須となります。

当店としては、こうした情報を災害対策として発信していきいたとおもい、書いています。

 

それというのも、けっこう知っているようでしらない点もありますからね。

 

あと、車の運転における「一酸化炭素中毒による死亡」が一番危険です。

これはエンジンをかけていると、「かまくら状態」になり、マフラーに雪が積もっていなくても、吐きガスが車内に充満してしまう可能性があります。

ですから、寒くても窓は少しあけて換気しておかなければいけません。

2014年2月20日

 

 

 

短納期について