防災グッズ通販店

履歴 TOPへ

3月11日は防災の日と類似するほど価値がある

関東大震災を忘れないために設定した防災の日です。災害多くなる地震以外にも台風被害による災害対策もかねています。

こうした中、関東大震災はもうすでに古いので、近場の大型地震であった3月11日の東北津波大震災が、防災グッズの販売については、大きな関心があるという点です。

 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140903-00000172-mycomj-life

これは当たり前のことで、今生きている人は今の安全を確保しなければいけません。それは日本人にとっては3月11日はこの数十年間は忘れることが無い日ですので、自然の防災対策意識が向上するのは仕方が無いことでしょう。

 

さて、記事にはどの県がの防災意識が高いのか?という点を売れ筋データからみていますが、四国周辺がトップになっていました。分析では南海トラフの危険があるため、大地震になる可能性があるため、備えるという点において、非常に効果があったと言えます。

 

当店でも防災グッズの販売では一部の学校などが、100万円相当の売り上げ上げているケースもあり、四国の地域は意外と予算を組んで対応しているのがわかります。また、地方自治体も自然と予算を組んで、小口から大型までの防災グッズ依頼予算を組んでいるのが多くみかけます。

 

3月11日は東北津波震災であり、津波の影響で福島第一が放射脳汚染があったために、未だに引きずっています。地震自体の被害は意外と低く、大きな問題になるレベルではなく、未だに復旧できないでいる原因の多くが、どちらかといえば、放射濃度が数十年・百年下がらないことが一番の要因でしょう。この点がこれからの3月11日の日が特別になる理由です。災害の意識が風化しないのでしょうね。

 

こうした事から言えるのは、意識が継続化している災害意識は、防災対策としては重要であり、逆に言えば、防災意識が無くなるのは、逆に順調に回復している証拠でもある

 

さて、防災品の中で非常食が注目されていると書いてあった。

これには理由があり、非常食は単純にたべてしまうと無くなるので、追加の防災品の中では際立っている点と、常に進化している非常食なので、こうした意識が高いのが理由としてあげられる点があります。防災ライトなどは1度購入すると壊れるまで必要ありませんが、そう簡単に壊れることがないのです。

 

さて、結果としては、こうした流れから見える世界とは、防災意識がある日については、当店ではしっかりと対策しなければいけない という事につながります。

3月11日をしっかり「防災の日」として対応しましょう。

2014年9月6日

 

 

 

短納期について