防災グッズ通販店

履歴 TOPへ

防災関連施設の紹介

防災に関する学習や体験ができる施設や、特定避難所や災害対策に強化された避難場所などのご案内です。 最終更新日:

・運営関連施設について思うこと
防災の関連施設ですが、流れとしてこうした情報を公開しながら、よりよい防災訓練などが出来れたと思いますね。災害はいつ起こるかわかりませんからね
・備えておくべき防災グッズ
揃えておきたい防災グッズのアイテムリストです。個人から地域でそろえておく資料としてご参考に。
・9月2日に発生した越谷竜巻被害、避難所、救援情報
2013/9/2に発生した越谷での竜巻災害についての避難所、ブルーシート配布などの情報をまとめています。適時更新します。
・意外な防災対策。変な格好をして寝てはいけません
もし就寝中に災害が来て逃げなければならない時のことを考えたらおかしな格好で寝れません。
・地元の災害対策について
いますんでるところは 海だったらしいので 水害です
・メガソーラーの現実と現状
埼玉県鶴ヶ島市にできたメガソーラー。500世帯分の発電量と言うことですが、それをもとに情報を掘り下げていきます。
・極寒の北国ならではの防寒対策
温かい地方の方には分からない北国の命にかかわる苦労―それは防寒対策。冬の災害はイコール死。
・急なケガでも対策ができるように。生死を分ける6分間を無駄にしないためにも救急手当の書いてあるバンダナ
実際に勉強していても急な緊急時にはうまく活用できないことがほとんどです。レビューをくれたかたはなんとか難を脱しましたが、知識のない一般人は常に学んでおきたい防災マニュアルです。
・三重県 大紀町錦タワー 防災資料館
500人収容可能な津波避難ビルの中ある防災資料館です。昭和19年の東南海地震津波と昭和34年の伊勢湾台風で被害にあった物などの展示が中心で、被災で止まったままの時計などが展示されています。建物の概観は美しい螺旋状で印象的です。
・普段の訓練は施設などで
防災施設は訓練のための場所として、普段から一般の方がいけるようにすべきでしょう。
・三重県 名張市防災センター 防災体験学習コーナー
2010年6月に完成した名張消防署新庁舎に併設されている防災体験館。地震対策を主にした体験学習が出来るプログラムで、学習コーナーでは、家の中と町の中を模したコーナーにて自助、共助をそれぞれ体験することが可能です。
・愛知県 岡崎市役所 防災展示コーナー
地震と水害の2種類のメニューを200インチの大画面の映像シアターで見る事ができます。被災者の生活を題材とした「ある家族の被災生活3日間の軌跡」は他の施設では見ることの出来ない内容です。
・三重県 鈴鹿市河川防災センター 防災展示コーナー
体験コーナーや体感型アトラクションなどはありませんが、伊勢湾台風での被害写真や家庭の防災・防火グッズが展示されている施設です。
・三重県 四日市市防災教育センター 防災展示体験室
自転車を漕いで土石流と競争する「土石流とおいかけっこ」や、ビデオ説明に沿ってジオラマに土石流を流す「土石流実験装置」など、オリジナルティ溢れる体感的なコーナーで土砂災害を学べます。
・<東北地方の施設一覧>
東北地方にある防災関連の施設や体育館の一覧です。
・<関東地方の施設一覧>
関東地方にある防災関連の施設や体育館の一覧です。
・岐阜県 国土交通省 砂防ギャラリー
他の災害に比べて軽視されがちな、土砂流についての正しい知識を紹介している体験啓発施設です。土石流のシミュレーションや、壁一面に土石流を再現した先端模型コーナーが施設の見所です。
・岐阜県 国土交通省 神通砂防資料館 奥飛騨さぼう塾
2004年にリニューアルされた砂防教育施設です。砂防の模型実験や、3D映像による土石流体験車など、体感型の展示が多いです。
・愛知県 一宮市民防災センター
トヨタのお膝元である場所です。体験型のシュミレーションタイプがありますので、お近くの方はどうぞ。
・愛知県 春日井市消防防災展示室
地震や消火を体験できるシミュレーションのほか、ビル火災についての展示などもあります。
・愛知県 豊田市防災学習センター
2006年リニューアルオープンした施設で、体験できるコーナーの種類が多く、また同じ体験コーナーでも、場面の多さにこだわりが見られる防災体験館です。また、防災クイズコーナーでは成績が修了証として発行されます。
・愛知県 愛知県防災教育センター
所要時間が1~3時間程度の3つの体験コースから選ぶ事ができる施設です。10名以上の団体の場合、1ヶ月以上前から予約をすれば、休館日である土日でも対応をしてくれます。
・静岡県 東海大学海洋科学博物館 海のはくぶつかん
海洋科学博物館の屋外展示として、長さ30m×幅10mの津波実験水槽があり、縮尺50分の1のスケールで津波を再現しています。押し波・引き波どちらも再現可能で、津波が街をどの様に襲うかを見る事ができます。