防災グッズ通販店

履歴 TOPへ

防災グッズ運営店長日記:2ページ目

防災に関する様々なネタや情報を適時公開していきます。防災グッズに関するお話はもちろんですが身近な防災や体験した話など様々な話題を掘り下げていきます。 最終更新日:

・安心・安全が基本。バス運行にみる流れ
バスの安全運転が大きく変わりました。制限時間などがあり、越える場合は2人の運転手が必要だという点です。これはこれで大変ですね。
・今回のソチ五輪で有名になった使い方でダメな例
知らないといことは、いっけん笑い話になります。今回のソチ五輪についても同じですね。こうした訓練が必要である点について。
・防災用品の問い合わせが多くなっている件
現在は卒業記念品の問い合わせと内容が多いのですが、防災グッズ単独での仕事の依頼が多くなってきている。備えについて年度末で増やしたい結果であろう。
・災害に対する備えと訓練。jrの新幹線遅延
リアルタイムで災いがきますが、どの程度対策できるのかが重要です。臨機応変に対策するのがベストであり、それができないといけません。
・耐寒登山
小学校の時あった耐寒登山。たまには行事で過酷なことを体験するのは良いかもしれません。
・タンクトップタイプの防寒着
ヒートテックなどの機能性素材タンクトップタイプを購入しました。
・やっぱり火事は怖い
ストーブが原因で火事になることが多いですね
・防災グッズサイトの再構築をデータで
防災グッズサイトですが、データから入れ替えをしようと思います。他のサイトの研究などして、新たに見やすくなれば良いと思います。
・震災復興の象徴:神戸ルミナリエ
震災復興の象徴ですが震災があったことすら感じさせないくらいの復興と美しさにいつも感動させられます。
・田んぼがいきなり火事になった
冬に何か燃やしている田んぼで様子が・・・いきなり火事になって驚いた時の体験談です。
・最近製作した防災グッズ関連の画像
名入れをして納品しました。オリジナルの1色のワンポイントになります。まずはご覧下さい。
・雪の管理も防災の一つでした
寒い地域の雪の量に驚きました。雪もしっかりと管理しないと大変危険なものと言うのをはじめて知った時の話です。
・避難時はお風呂に入れないことも大変
生きていくのも困難なのに勿論お風呂なんて・・・><と思うけれども、やっぱり衛生的な環境は気持ちも変わりますよね
・当サイトは官公庁の防災用品専門サイトとして
指名業者としての地位を高めるため、防災用品に関して、どこよりも専門的であり、ノウハウを構築していきたいと思っています。
・最近の防災グッズ名入れサンプル画像
防災関連品として展開する場合、当店おいては名入れなどのオリジナルグッズ製作がメインとなっています。
・良い商品はそれ自体が魅力
ソーラーと手動が出来る蓄電タイプの防災ライト。とっても魅力的であります。
・自治会の防災用品の頼み方
自治会の対策としては、色々な面がありますが、この面を強調すると、対策が多岐になります。
・ご近所同士の情報交換も大切な防災対策
色々な人と会話をしたりして情報交換って大事だなと思います。
・地域の立て看板も防犯防災に便利
結構見落としがちなのですが、結構生活に役立つ看板がいくつもあります。
・学校で学用品袋を配ってくれるといいな…と思う
防災グッズや有事の際の予防策や啓蒙として学校で学用品袋を配ってくれるといいなと思います。
・貴重品・身の回り品は分散しないこと
防犯のために通帳と印鑑などはばらばらに保管せよと言いますが、災害のためにまとめるべきです。
・家と職場にヘルメットを備えています
逃げだせたとしても、外で上からの危険物から身を守るためにはヘルメットが必要ですね。
・8月は熱中症対策品がメインだよね
災害対策品として、備える趣旨や方向性は、熱中症対策品と非常にリンクしている流れの話。
・災害後でも油断はできないのね
フロリダでは通常の20倍もの大きさの蚊が発生しており「ノートリアスリー・アグレッシブ(悪名高き攻撃者)」などと呼ばれているそうな
・防災の訓練にアウトドアのノウハウは有効。夏休みにやっておこう。
東日本大震災の時は様々なライフラインが止まりました。 水は止まり、電気は通じたけれども計画停電になったり・・・ でも...
・100円の防災袋などの話
価格ありきの場合は理由があればいいのですが、単なる素人的なビジネスマンはお断りしたいですね。
・ソーラーライトのブームは終わりました
災害対策品としてもアウトドア品としても魅力的な防災グッズの人気アイテムのソーラーライトの話。
・名入れしてオリジナルの防災グッズへ
防災関連で手軽にオリジナルのワンポイントの名入れが出来る所が少ないのが原因です。
・防災の必要性を訴えたところで
実際に震災を体験された方の言葉は重く、激しい。それを受け止めた上で自分たちに出来る何かを伝えていきたいものです
・名入れをする際の準備5
実際に名入れする際の刷り色についてはDICのインクを用いるのでカラー番号をご指定頂く必要があります。
・少しだけ防災グッズの売れている
記念品として使う場合、何か使う機会として防災グッズが選ばれている感じです。
・名入れをする際の準備4
名入れデータとして一番なのはイラストレーターで製作されたベクトルデータ。次点で各種画像データとなります。画像の場合には解像度に注目して下さい
・土曜日・日曜日も働いているので疲れる
休みを生かし、取材をメインに動いています。だからこそ疲れが平日たまります。
・名入れをする際の準備3
正しい名入れデータってどんなの・・・?ということで今回は質問形式で考えてみましょう。意外と勘違いされている方が多いので要チェック!
・名入れをする際の準備2
名入れをする対象の商品には必ず名入れ出来る大きさがそれぞれ決められています。それが名入れ範囲となり、その範囲内での名入れデータを製作します
・名入れをする際の準備1
名入れ製作を準備するにあたって、どのようなものにすればよいか?ということで、まずは理想のモノをご紹介してみます

 
 

▲まだまだあるから見てネ

 

 

短納期のお問い合わせ